えぬやまジャーナル

お絵描き練習スケッチブック

2018年06月

20180630-smokinggirls
smoking girls    Derwent graphic 4B(fixpencil 3),flying tiger notebook

ダーウェントのグラフィックペンシル(フィックスペンシル)にてSmoking girlちゃん

3㎜芯ホルダーを愛用していると直面するのが、替え芯の選択肢の少なさである。
本来ちゃんとカランダッシュのテクノグラフ芯を使えばベストなんだけど高い...
まぁ大体納得してフィックスペンシルで使ってるのが、
3mmの丸善美術(サムホルダースリム用)と3.15mmのファーバーカステルなのだけども
描き味が同じベクトルなので時々すごく気になるときがあるのです。
クロッキーとかデッサンにはベストな色なんだけど。

ファーバーカステル 3.15mm芯ホルダー替え芯(今は4B使ってる)
※画像はアフィリエイトです。

つまり、線画の下書きでも応用出来るもうちょっとさっぱりした芯が欲しいのです。
経験だと、ラミーの4B芯とフィックスペンシルに元から入ってるカランダッシュ製の芯(テクノグラフ)は実にさっぱりさらさらしていて描画しやすい(固いともいう

ラミー 3.15㎜替え芯※画像はアフィリエイトです

多分図案や絵描き向けなんだとマジで思う。でもでも、この二社の替え芯高い。
まぁカランの替え芯が描き味凄く良いので、買って使ってみても良いかもだけどちょっとね。
画力や技量と伴ってないのに高価な黒鉛ってのもクールじゃないよね。
※追記 
って数年思ってたけど描線が綺麗に出るテクノグラフ芯を導入 (未来記事リンク)
追記終わり※



恒例の鉛筆割り
20180629-3mm-lead-pencil-derwent-graphic-4b-2
ダーウェント グラフィックペンシル 4B

鉛筆で一番お気に入りのダーウェント。



この鉛筆ってなんかラミー4Bとかと同じ傾向の描き味。
じつにさっぱりしてる。スゴイ好き。そろそろ買いに出かけなくてはいけない。
20180629-3mm-lead-pencil-derwent-graphic-4b-3
このグラフィックペンシルの芯がフィックスペンシルで使えたらな~、と捌く()
20180629-3mm-lead-pencil-derwent-graphic-4b-5
しかし...ちょっと特殊な黒鉛なのだろうか...柔い...
捌いたら折れてしまった...この辺、国産の鉛筆って丈夫なんだな...と...
学童用・事務用と画材用でその辺意識も違うのだろうね。
あと黒鉛芯単体で使う事想定してないから、当たり前の結果といえばそうなんだけど。
20180629-3mm-lead-pencil-derwent-graphic-4b-1
いやしかし、グラフィックペンシルの描き心地好きだわ。

ダーウェントは替え芯を出すべきだと思う。
って思ったけど結局ラミーくらいに高くなりそうな気もする。



っていう、消費財記録


いやまぶじっさいもんだい






20180626-girl-manga-sketch-pencil-lamy-safari-1
20180626 Girl sketch    LAMY SAFARI  Mechanical Pencil Matt Umbra  0.5( LAMY HB?),CANSON ARTBOOK ONE Sketchbook

久しぶりに新しく入手したシャープペンシルを使ってみた。



LAMY ラミー シャープペンシル サファリ ブラック L117 正規輸入品

何気に初めてのサファリ。のシャープペンシル(0.5㎜)

買ったっていうかポイントあったのでポチッたけど、そもそも安かった。
いやしかし、お初の筆記用具で描くと捗るっていう不思議惑星多元宇宙

ラミーサファリ好き

サファリのペンの方(万年筆)は、10年程お絵描きで愛用してるのですが
(※文房具や万年筆が好きというわけではなく、インクでお絵描きが捗るので都合が良いのです。
サファリの前は水性ボールをよく使っていた。サファリというよりもラミー製の汎用ニブは文房具ではなく、紛れもなく描画材である。)
何故かシャープペンシルだけは完全スルーしていたのですよ。
20180626-girl-manga-sketch-pencil-lamy-safari-3
LAMY PENCILS

ラミー製品のシャープペンシルは過去三本ほど買ったことある。
一番最初はスピリットのマットブラック(絵趣味とか無かった時期に筆記用で購入。しかし使いどころ無くて割と当時後悔した)、次がスクリブル。この芯ホルダー(fixpencil使う前はよく使ってた愛用ホルダー)買うついでに、シャープのマットブラックも欲しくてシンガポールのショップからわざわざ通販したのに欠品でこの人が来たのは良い思い出。本命の芯ホルダーの黒は来たのだけども。お詫びに爆安セールしてくれた(スクリブルシャープは芯ホルダーの派生製品って感じ。非常に描きにくい。筆記で使った事ないけどコレを筆記具として使ってる人なんて多分いないんじゃないかな。こんなペンシルで一体どんなテキストを書くのだろう。多分バリエーション増やすためだけの製品なんだろうねコレ。UNI青芯で極まれに使う程度)、三番目が安かったのでティポのアルミ軸(これも実に描きにくい。ボールペンにすればよかったかも)。
そしてまた安かったので今回のサファリのシャープペンシル。
なんていうか、サファリのペンの方のデザインは、色違い買っても毎度ぉおお~チープなのにカッコいい!もう一本!おかわり!()って思うんですが、サファリのシャープペンは形があんまり好きじゃなくて買う事は無いのだろうな~と思っていたのだった。


描き味とか
描き味は流石、ラミーの黒鉛芯。固いけどノリが良い。



でもこの芯、一般的なノート用紙向けではないと思う。
普段使いのスケッチノート(CANSON)やクロッキー帳(マルマン)と実に相性が良い。
脂っぽくなく粉っぽくならないし、濃淡の重ね塗りも綺麗だと思う(画力は置いといて

使い勝手とか
20180626-girl-manga-sketch-pencil-lamy-safari-5
ノック二回での芯の繰り出し量。左からぺんてる、ラミーサファリ、ティッキー2

ノック繰り出し量は二回でちょうど良い感じ。ティッキーと同じくらい。
ドイツ製品のなんか規定でもあるのだろうか。愛用してるぺんてる製だと四回分。

サイズ比較
20180626-girl-manga-sketch-pencil-lamy-safari-4
普段ラフや下書きに使用しているメカ鉛筆たちとサイズ比較
やはり太い。っていうかぽわーんって曖昧な感じのサイズ感(イミフ
多分この中で一番軽いんじゃないかな?軽さという点では優れてると思う。
※訂正追記 一番軽いのはフィックスペンシルでした...
20180626-girl-manga-sketch-pencil-lamy-safari-6
まぁ、実は某アジカンジャケレーターさんが使ってるペンシルということで、以前より興味はあったんですよね。
僕は結構感化されやすい人で()サファリペンシルを使えばあんなお洒落な構図やインスピレーションが湧くのでは!?と思い使ってみたかったのです。実際軽い軸で扱いやすかったです。
ラミーサファリシリーズの軸としては、初期からあるシャープペンシルなのですが、
個人的にはサファリというとやはり万年筆になってしまいますね。
使い勝手や使用用途も万年筆の方が高いのです。

勿論、落書きとかお絵描き専用でな()





っていうニューカマーねた


※大事なこと言い忘れてたので追記しました。









↑このページのトップヘ