えぬやまジャーナル

お絵描き練習スケッチブック

2018年11月

20181107-mecpencils-tombow-monograph03-2
20181107 face study
faber-castell 3.15mm lead 4B,UNI 0.3mm 2B,maruman croquis

シャープペンシル型の消しゴムを買ってみたので(ポイント購入)
消しゴムの練習お絵描きをしてみた。
なぜクロッキー帳に描いてしまったのだろう...紙がよぼよぼになってしまう。

本題の今回導入してみたブツ
20181107-mecpencils-tombow-monograph03-4
トンボ鉛筆のシャープペンシル付き極細消しゴム、モノグラフゼロ。
出た当初お店で試筆して結構よかったの思い出して、消しゴム欲しさに(ポイント
20181107-mecpencils-tombow-monograph03-5
2㎜ちょいの極細MONO消し。モノゼロって鉛筆画家さんが良く使ってるアレ。
光とかこれで描いてるんだよな。そのモノゼロにシャープが付いてる奴。
単体のモノゼロにしようかと思ったんだけど、そもそもしょっちゅう鉛筆画練習するわけでもなく、細い消しゴムはモノノックで事足りてるのでシャープペン付のこちらにしてみた。尼ならたったの440円


恒例の、ウチのラフお絵描き専用ペンシルズとサイズ比較
20181107-mecpencils-tombow-monograph03-1
モノグラフゼロ...電車のような長さである...
メカペンシルの軸の長さに異常に拘る人なので非常に気になる。※スマッシュが基準値
でもでも、コヒノール5905も長かったけどなんかすっかり慣れてしまったのでコレも慣れるのだろうか...
そういやABt以外のトンボ製筆記用具買うの久しぶりかも。数年前は繰り出し量調整出来るシャープを一時期併用してたわ。
因みにモノグラフゼロ、滑り止め的なローレット仕様だけど、この中で一番グリップが弱いね~。滑るローレットの意味がよくわからん。グラフギア500もそうだったよな。滑り止めじゃなくて多分重りなんだろうなコレ。
ホントはシルバー軸がカッコ良かったけど0.3㎜は無かったので正直趣味じゃないMONO仕様にした。
剥がして透明軸にしたい←

※0.3㎜つながりで補足
20181107-03-mechanicalpencils
※描画用の0.3㎜シャープは相変わらずスマッシュとここ最近お気にのパイロットS3。
この二種が手持ちの0.3㎜では最高に取り回しが良い。他、今まで併用してきた0.3㎜。
ロットリングの製図向けは手に合わなかったのであまり使ってない。

※ついでに来年で描画使用歴10年目なので追記(再うp)
pentel-smash-grip
何だかんだずっと使ってるぺんてる製スマッシュ0.3㎜...画像真ん中は、エライ長い期間使ってるのになかなか致命的には壊れない(流石に少し調子が悪くなってきてるけど)。グリップの塗装も全く剥がれないタフな個体。0.5㎜の別途購入したグリップパーツは経年使用で普通に剥げる。それでも9年使ってるからまぁこんなものである。フィックスペンシルなんて数か月使ったら先端剥げてくるのに()基本ゴムグリップは苦手なんだけど(intuosは妥協してグリップつけてるけど)スマッシュのゴムは摩耗はそりゃするけど何年経ってもベトつかず違和感がない。素晴らしいグリップパーツ!
※追記おわり

と、ここまで書いたけど今現在はあまりシャープペンシルを使っていない(ぇええええ
基本、シャープペンシル(芯)ってのはどんなものも全般的に書き心地が最悪である。
作図(線引き)や描画ならまだしも筆記に至ってはマジで苦痛である。※筆記具は大学時代から水性ボールペン派の人。鉛筆(シャーペン)なんて絵描く時しか使わない。
中でも0.3㎜径はデジで下書きの労力をなるべく抑える目的で、サイズの小さい構図や指とか目とか服のディテール等を予め明確に描きたい時しか使ってない。というより、どぉおおじんデジ絵やマンガの下絵や構図のラフ用途でしか鉛筆使っていないから(※趣味お絵描きを除く
0.3㎜より3.0~3.15㎜のグラファイトばかりつかってるっていう。感覚的には木軸鉛筆の4Bあたりの太さと同じで非常に描きやすいのです。0.5や2.0㎜も以前ほど使ってない。いや使うけど()
そんな感じなので、理想としては3㎜鉛筆と補足用の0.3㎜の二種類だけなら道具としてスマートで良いんじゃないかと思ってるの。
シンプルなスタイル、かっこいいじゃんね。つうかウチのどおおじん買ってくれやオイ
※追記おわり




とりあえず暫く使ってみようと思う。




いやまぶじっさいもんだい





20181101-ossan-pencil-drawing-1
20181101 イケメン()
All drawings: technograph 3mm3B,amazon classic notebook

こうなんてゆーの?ごつごつした感じ。
20181101-ossan-pencil-drawing-2
おっさんに進化
問題は体の描き方である←

20181101-pencil-drawing-technograph3mm-1
テクノグラフ3㎜鉛筆の3B、8/8からどれくらいもつか記録してたんだけど
そろそろ限界の短さ。クラッチがナロー気味に沈んで良い感じ。
一本消費するのに大体二か月半ちょいくらいか。

20181101-pencil-drawing-technograph3mm-2
限界まで芯を尖らせながら使うのに、コヒノールの芯ホルダーのキャップ内蔵芯研器が具合良い。※2㎜のコヒノールではムリだった。2.5~3㎜鉛筆用ホルダー内臓ノックボタンのみ。このパーツだけもっと欲しくなる。
GEDESS 3260(※過去記事)でしかここまで削れないと思ってたのでなんか得した気分である()

※書き忘れ追記
カステル3.15㎜とかもつかってるわけだけど、同じ軸で使ってる
スクリブルや他のfixpencil3があるけども、持ち歩くにしたってペンケースに本数増やしたくないのでなるべく一本で賄ってる。
20181101-pencil-drawing-technograph3mm-fabercastell
まーみんなやってると思うけど、ある程度短くなったら3㎜3Bと3.15㎜4Bを一緒に入れてる。入らないものはボールペンの空ケース(スタイルフィット)に入れペンケースにストック。
※あぁそうそう、邪道だけどスタイルフィットのリフィルが割とこの軸と相性良い

それぞれのホルダー用鉛筆の使い分け
  • カランダッシュ/3㎜3B 
    紙面に滲みにくい 割と細かく描く下絵・線画ラフ用

  • ファーバーカステル/3.15㎜4B 
    やや滲みにくい 大雑把なラフやコンテ~クロッキー・練習用

  • 丸善美術/3㎜4B 
    紙面に滲みやすいので特性を生かしてスケッチ、クロッキー・練習用 
    というかそもそもそういった用途の製品である

  • その他、木軸鉛筆4B芯
    Hi-Uni等、余った残り芯を使用。鉛筆画用に硬度の一種類として使う。 
同時に使う事なんてラフ用途では滅多にないのでこうすれば一本で済むから便利。
因みに、コヒノールにも水色芯と黄緑芯が入ってる。
※追記終わり 

いやまぶじっさいもんだい

↑このページのトップヘ