20150723-kohinoor-lead-test-draw-1-1
20150723 テストらくがき 
drawing tools/graphite(koh-i-noor 2.5mm lead/mitsubishi 7700 yellowgreen),on a derwent sketchbook
結局...以前記事にした、アタリ下書き用色鉛筆(三菱7700番)の残り芯の有効活用ってところで
新しいホルダー軸を導入してしまう()

内臓してある2.5㎜のコイノー(コヒノール)の黒鉛にて...結構濃い
錯覚かもしれないけど、北星鉛筆の学童向け鉛筆と似てる気がする(柔い
割といい感じの芯だけど、この替え芯は現在販売終了している様子(意味がわからない

で、本題の硬質色鉛筆用ってところで、早速ミドリ芯を入れて使う
20150723-kohinoor-lead-test-draw-3-1
普通に使えてうれしい...
20150723-kohinoor-lead-test-draw-4-1
 で、またコイノーの芯で鉛筆線画れんしゅう...この芯良いな...

IMG05623
koh-i-noor toison d'or 5905 2.5mm leadholder/コヒノール 芯ホルダー 5905
 店舗(スコス)まで行こうか思ったけど、暑いってのもあるし余計なモノ買っちゃいそうだし通販にした()
底辺ドピコ絵描き的に、とても賢い選択である...(そう? 
っていうか梱包袋とかシールがとても可愛い...シール好きなのでこれだけで大満足(エ

無事、7700番の芯(というか硬質系の色鉛筆は大体入るのかな?)も救われたので満足ではある。
けれども予想はしてたけど、やはり正直とても軸が長い...重さは諦める...
クラッチ式芯ホルダーの原点であり最終形態でもある(大げさだなぁ)フィックスペンシルに熟れ過ぎてしまったので、どうにも使い易さの基準が厳しくなってしまうのである。
駄菓子菓子、現行製品で2㎜~3㎜まで有効活用できるのはこの人しかいないし、お値段も求めやすい(594円)ので大変満足である。
あと軸が一センチちょい短かったら見た目も可愛くなるし最高に使い易くなると思うのだけど、
結局コイノーのホルダー軸って、全般的にスケッチ用な気がしてきたから仕方ないのかもしれない。
スケッチ用途なら、少し重いけど安定して使える。
線画描くとか筆記持ちみたいにすると指がフラフラしてしまう...長いんだよキミ...

軸切断しようか... な...←
20150722-kohinoor-leadholder-5905


いやまぶじっさいもんだい

 



ランキング参加してますので記事読んだらクリックしてください!!!
にほんブログ村 イラストブログ 今日描いたイラストへ