20160725-cafe-sketch
20160725 茶スケ①(カフェスケッチともいう...
日替わりモーニングってあるのな(朝滅多に行かないから最近気付いた
20160726-cafe-sketch
20160726 茶スケ②
煙管しばらくお休み...手巻きへと...(オランダのおじいさんスタッド・オートマールスムのせい)
20160727-cafe-sketch
20160727 茶スケ③
ネットはとても便利だけども、このブログなんかもそうだけどさ、
特に不特定多数が集まるSNSなんかはなんてゆーの?
人間の脳とダイレクトだから、不穏で不浄なバクテリア以下の知性や理性の得体の知れない生き物が沢山蠢いてる。この生き物?たちは姿は見えないけどテキスト使って呪いのようなもの吐いてる。
右だ左だ、健常者だから云々とか他人の生血をバーチャルで吸った気になって、創造性や想像力の希薄な回らない脳みそ抱えて蠢いてる。

本当に気持ち悪い


つかったもの
CANSONアートブックUNIVERSAL4x6のカイエ(ジャーナルともいう)に、プチ固形透明水彩セット、ラミーサファリ万年筆(プラチナカーボンブラック)にて


他スケッチノート
20160727-cafe-drawing-2
20160727 茶屋にて鉛筆ラフお絵描き
20160727-cafe-drawing-1
スケッチノート(カイエともいう)をCANSONからブリックにしてからというものの、おかげでペンでの線画練習やお絵描きの回数が少なくなってしまった。このブック、ペンとの相性があんまりよくないのでインクは躊躇してしまう。
鉛筆ラフばかりになってしまう。個人的にはみずいろ鉛筆でささっと下書きしてペン入れする方が好き。黒ずまないし。



エヌヤマメモ
pentel-smash-white-blue
2013年限定カラーのぺんてるスマッシュ

という感じで、私も長年愛用しているメカ鉛筆(シャープペンシルともいう)
ぺんてるのスマッシュ(0.3mmを愛用)なのだけども、過去の海外限定カラーがいよいよ国内で正規にリリースされるというツイートを見てしまったので記事にせねばならない()
※海外限定=韓国のぺんてるの輸入代理店?復刻&限定カラーシリーズ。2012年(青/緑灰/ウォームグレー(こないだ尼で発売された色)、2013年(赤/ピンク/青/緑/白)、2014年(メタリックカラーシリーズ)など全て韓国市場向けなのだけども、どうやらぺんてる製の筆記具ってあっちの子供たちに人気があるらしい。あとAINの消しゴムと竹島問題が絡んで炎上してぺんてるが弁明分出した後くらいの企画なので韓国の文具ヲタにアピールする狙いでもあったのだろうか。いろいろ推測は尽きない(推理はじまったwwwwっていうか一時期韓国のパチモン文具を翻訳サイト使いながら調べててその流れで知ったこととか色々あるけどこのブログもう文具系じゃないから割愛

さて、ロフト限定カラー...

スマッシュ ロフト限定カラー軸 0.5㎜ http://loft.omni7.jp/detail/884851010179

発売は八月一日午前十時らっすいぃいいい
loft-smash
※画像出典 ロフトomni7様のサイトより

ただこれどういう仕様になってるんだろ
画像のデザインで最終的なプロダクトになるのかな???

グリップ以外の胴軸は無垢の成形色だよね???まさか塗装ってわけじゃないよね???
硬度表示が黒いのが気になる...

※8/3追記 
ポチッたの到着、LOFT限定といいつつ2013年の韓国限定カラーと全く同じリイシュー(再生産)モデルだった(笑
LOFTサイトの画像、どうしてプロトタイプの使ってんだコレ。また業務ミス?それとも大人の事情?
この限定カラーってぺんてるじゃなくてどっか韓国の輸入卸し会社がやってるのだろう....韓国にはぺんてるの事業所が無いし、ぺんてるの正規販売で出さないとおかしいよね。
当時メーカーに真贋の確認をしたら偽物ではないがごにょごにょと濁された経緯があるので多分そうである。
ネット見ると、中高校生がみなさん喜んで買ってて、なんていうかデジャブ―というか笑
3年前に出た時、ネイバー系のあっちの10代から大学生くらいがやってるブログ(文具ブログがけっこうある。韓国の子供はシャープペンシルが大好きらしい...というか大事にコレクションするのって東アジアが顕著な気がする。ネッツサーフィンwしてて思う。暑い地方やユーロ、米国に大事にシャープペン集めるとかそんな子供ほとんどいない。大人がやってるブログでは時々みるけども)翻訳しながら良く見てたけど、子供たちが嬉々しながら購入レビューとかコレクション自慢を見てたので既視感を覚えてしまった...俺まだ定価と同じ位で買ってるからアレだけど、並行輸入で4千円とか払って買った人お疲れって感じだよな。因みに予備買ってなかった白を追加でポチりました。気分転換用にこれで気兼ねなく使える()
つうか、ちゃんとロフト独自のカラー展開をしてほしかったな~バリエーション増えて面白いのに。

※8/4追記
あとコレ数年前も書いたけど、ぺんてるスマッシュって以前は0.3~0.9㎜まであって一度全芯径を生産終了したと思うの。0.5㎜も一時期2005年くらいかな?全く新品在庫が流通してなかった時期があった気がする。お手持ちの現行スマッシュ0.5㎜と、それ以前のスマッシュ0.5㎜、持ってる人は判ると思うけど、仕様が少し違っていたりする。一番判りやすいのが、ノック感とクリップが似ているようで別物のキャストだったりする。おそらく中軸も金属から透明か白のポリに変更していると思われ。今回のカラー軸を光で照らすと確認出来る。つまり現行スマッシュは新規金型で再生産品である。つまり0.5㎜以外の芯径が復刻されないのではなく出来ないのである。
海外の筆記具ヲタサイトを良く閲覧していた時期に、韓国の文具ヲタ掲示板や個人ブログでスマッシュの事が取り上げられていて(向こうはマジで学生さんにぺんてるスマッシュ大人気らしいというよりぺんてるブランドの人気が確定してる)、あちらのユーザーの認識では0.5㎜のスマッシュが生産終了して再生産を望んでるっていう話題で...結局再生産されたらしくて、ぺんてるが韓国の為にスマッシュの再生産をしてくれた!って盛り上がっていたのを思い出す...wwwこれが2006年だったかな、その時期である。つまり日本よりも外国の韓国の方が話題になるくらいにぺんてる製ペンシルの知名度が高いのである...スクショ撮ってないのであれだけど、まだログはネットにあると思う。日本製品好きが多いのも事実だけど、面白いのはっていうか一般的な韓国の学生がやってる只の文具系ブログなのに、やたらと竹島(独島?)がらみの話が多かったり、ぺんてる不買とか言ってる子がいたり、日本製筆記用具に本当にそっくりなシャープペンやボールペンがあるんだけど、日本メーカーが模倣したのかも知れませんね。とか、とある文具展示会で、自国の製品を引き合いに出すのはそりゃ当事者としては当たり前なんだけどもさ、やたらとぺんてるなんて潰れればいいのにとか、なんていうか結構カルチャーショックな記事を多く読む事が出来る。これ、しかもただの文具系ブログなんだぜ?それと、不思議と韓国のブログってGOOGLE検索で出てこないんだよねマジ。製品レビューで英語表記があるにも関わらず検索に滅多に出てこない。韓国NAVERまで行ってそっから翻訳サイト別窓で検索してやっと出てくる。僕は世界人類みな兄弟って人なので、レイシスト的な発言とか嫌いな人なんですけども、一般人の学生でしかもテーマがたかが文具のブログなのに、そういうアンチ日本的なテキストを頻繁に目にしたのでかなりショックな面があったということを付け加えておかねばならない...なんでだろう。韓国のネットってもしかして検閲でもされてるのかな?匿名性が無いから迂闊に日本製品最高!とか記事に出来ないとかなの?...興味のある方は、翻訳ソフトかなんか用意して、検索おすすめ!NAVERサイトからね!おもしろいよいろいろ!
※追記おわり


※なんかLOFTから出てるロットのスマッシュの白軸、比べてみたら
若干グリップの塗装が薄いかもしれない...微妙に下地が透けて青っぽい白ですね
以前出た白は塗装が厚いので、なんだろ...塗料足りなくなったのかな(違



個人的にはぶっちゃけ集めてるわけじゃないのでwもう要らないけど
白は汚れやすいから、一本使う用にポチろうかな。ポチるなら白か青かな。
ただ白が画像だとパールかメタリックホワイトに見えるんだよね...

っていうかさ、LOFT企画なら独自のカラー展開もしないとコレじゃまんま猿真似だよ


マーブル軸とか出たら20本買うわ(ぇえええええええ
シルバー925のグリップとクリップのラグジー仕様()なら2万までだけど出すわ(せこいいいいい

そんなシャープペン要らんわ(ふぅうううううううう






いやまぶじっさいもんだい






ランキング参加してますので記事読んだらクリックしてください!!!
にほんブログ村 イラストブログ 今日描いたイラストへ