20180704-amazon-basic-classic-notebook-1
20180704 amazon basics  Classic Notebook Large,plain

でじどぉおおじん用のネタ帳ノートがそろそろ終わりそうなので、
かねてより安くて丈夫そうで、欲しい物リストに入れていたノートをとうとうポチる


アマゾンベーシックのクラシックノート(無地)である。

20180704-amazon-basic-classic-notebook-2
300円台の時に買っとけば良かったけど、こういうのは気分とタイミングなのです()
403円で買い合わせじゃなかったので試しに。
20180704-amazon-basic-classic-notebook-3
いわゆる、”モレスキンスタイル”な装丁のチープなハードカバーノートブック。
20180704-amazon-basic-classic-notebook-4
モレスキンスタイルってさ、綴じ数と背表紙の違いだけなんだよね。
ゴム紐とかしおりとかポケットは正直関係ない気がする。そんなものはモレスキンよりも前からある。
正直、モレスキンのノートって面置きならスマートに見えるけど、背表紙が割れて汚くなるでしょ。そこがあんまり好きじゃなかったりするんだけどもね。
モレスキンのノートとスケッチブック、結局半分まで使って最後まで使えてないし(モチベが湧かない


でじどぉおおじんのネタ帳として(エロスキン※)
20180704-amazon-basic-classic-notebook-5
ネタとかネームまで描いてるあんまり人に見せられないでじどぉおおじん専用のネタ帳ノート、フライングタイガーのA5ノートを今まで4冊リピートしてきたんだけど(当時まとめ買いしたもの)
これが200円でハードカバーだしページ数もあって良いんだよね。紙は最悪だけど(しかし鉛筆のノリが気持ち良い)、まぁネタ帳だしそもそも人に見せられないノートでいざとなったら気兼ねなく廃棄できるっていうとこでこのノートなのです。しかし買いに行くのめんどくさくて、売ってないかもしれないし...
ってのが、今回アマゾンのクラシックノートをポチった経緯。

あぁこのアマゾンのノート、質感がダイスキン・ラージだ!!!


紙面筆記テスト
20180704-amazon-basic-classic-notebook-test-1
ink and watercolor test :
graphite/tombow mono 4b(fixpencil 3),technical pen(staedtler pigment liner 0.2),uni prockey blk,zebra Disposable brush pen,pentel brush pen(grey),fountain pen/lamy safari(M)/pilot bamboo(f)/platinum carbon ink,lamy ball point,signo UMR-1(0.28),washable marker/Tombow ABt,Watercolor

使用した筆記具
  • 黒鉛 トンボ鉛筆MONO4B/フィックスペンシル3
  • 製図ペン(ミリペン) ステッドラー・ピグメントライナー0.2㎜
  • 水性顔料ペン 三菱プロッキー 黒
  • ゼブラ・筆サイン
  • ぺんてる うす墨 筆ペン
  • 万年筆 ラミーサファリ(M)プラチナ カーボンブラック
  • 万年筆 パイロット・バンブー(F)プラチナ カーボンブラック
  • ラミー 油性ボールペン
  • シグノ UMR-1 0.28
  • 水性マーカー トンボABT
  • 固形透明水彩 ラウニー&コットマン
紙面の肌理はツルツル気味であった...100均的なセロファン系と勝手に呼んでる紙の類※だけども意外と鉛筆のノリは悪くないです。
まぁでもね~、これにイラスト記録とかスケッチする訳じゃないからまぁ許容範囲かな。

※8/20追記
数ページ使ったけど、これは酷い紙面。ホントにつるつるの紙。
モチベ八割消える()
400円の価値があるかっていうと正直無いかも。
フライングタイガーとかでハードカバーの無地ノート買ったほうが吉。


裏面
20180704-amazon-basic-classic-notebook-test-2
サファリMニブのプラチナカーボンが抜け捲りまくりまくりすてぃですね。
実はこの辺は、前述のタイガーノートも同じなのでネタ帳としては適用範囲かな。

まぁなんていうか、モレスキンスタイルという装丁なだけであって当然だけど紙はモレスキンの方が数倍良いです。あの紙は意外とタフですよね。

まぁ個人的にはモレスキン買うなら?
以前使った、CANSONユニバーサルのアートブックをリピートするでしょうね。
20180704-canson-universal-artbook
このノートは今改めて思うとホント凄い。紙が薄く感じるのに体感的にタフすぎる。
ここ数年使ってるスケッチ用ノートもCANSONで今のはフランス製のONEなんだけど、それよりも画像のUNIVERSALシリーズで使われてる紙の方が良い紙なんだと思う。
同メーカーでも仕様でかなり違う紙使ってるから侮れない。
見た目的にはモレスキンスタイルじゃないから、少し無骨で野暮ったいノートだけど(でもそこが良い
万年筆から水彩もフツーに使えるし裏に響かないのでホントはコイツが欲しいんだけどもね。
なにしろ、ラミーサファリのMニブにプラチナカーボンブラックっていう滲みやすくて抜けやすい組み合わせでもこのUNIVERSALのアートブックは抜けどころか裏写りさえも殆どしてない。今使ってる同メーカーのアートブックONEはそんなに紙は強くないので線画スケッチするときは筆サイン使う方が多いんだよね。

とりあえず、アマスキン使い倒してからまた考えよう()


っていうエロスキン※ねた



※注 エロスキンとは、エロ創作用に特化した伝統的なノートブックの継承者です。
デスクは勿論、外出先でもお茶屋でも気軽に情熱的なリビドーを書き込める、紳士淑女のクリエイティビティなイマジネーションを形にするノートブック。






いやまぶじっさいもんだい