えぬやまジャーナル

イラスト&スケッチお絵描き記録 DRAW OR DIE!!!

カテゴリ: 画材・筆記具

20170821-canson-artbook-one-notebook-1
CANSON ART BOOK ONE  5,5in×8.5in 100g/m2 195p Made in France

キャンソン・ワン・アートブック(メーカーサイト)
推奨画材:鉛筆、パステル、木炭、フェルトペン
その他の用途:ノートやメモ帳として。
※メーカーサイトより抜粋
20170821-canson-artbook-one-notebook-2
今回もサイズはハーフレターサイズ(A5スリム?)。
紙は100g/m2で196頁・98枚綴り(北米ベーシック版は216頁108枚で96g)

今使ってる人物デッサンとかオリキャラのスケッチ用ノート、CANSON製のベーシックノートなんだけど今回は本国版?CANSONのARTBOOK ONEというノート(スケッチブック)
アートブックUNIVERSALというモデルはメモ帳兼スケッチノートとして使って、つい先日使い終わったばかり。

今回のはCANSON本国、フランス製のスケッチノート。そのまんま、カイエかもしれない...
因みにイタリア製本のONEもあるのでグローバル企業は訳わからん。

20170821-canson-artbook-one-notebook-3
ハードカバーがファブリック風。今使ってる米国版はクラシックタイプに良くあるレザー風。
勿論どちらもタダの紙である...
20170821-canson-artbook-one-notebook-4
ユーロ?CANSONだとブランドロゴの遊び紙(見返し)が付いてる。
なので一ページ目は実質二ページ目からである。
20170821-canson-artbook-one-notebook-9
そして、表四部分のカバーには型押しのブランドロゴが無い。
20170821-canson-artbook-one-notebook-5
糸綴じ部分はとても綺麗に作られてる。
でもでも、勿論普通の製本なのでフラットに開くには自分で「癖」を付けてあげないと上手くノートは開かない。
頑丈だから、ぐいぐいと折り曲げて拡げてあげることにする。


ペーパー試し描き
20170821-canson-artbook-one-notebook-6
まだ本チャンで使う時期じゃないし勿体ないので()見返しと噛む1ページ目に...←相変わらずせこい

使用したもの
  • 万年筆/ラミーサファリ・EF/M(プラチナ万年筆 カーボンブラック)
  • ゼブラ 筆サイン 極細 
  • 三菱UNI プロッキー 
  • ステッドラー ピグメントライナー0.2㎜ 
  • 三菱シグノ 0.28㎜
  • ぺんてる うす墨 筆ペン
  • ロットリング・ティンテンクリ・TIKU(バリアントニブ0.2㎜/プラチナ カーボン)
  • 固形透明水彩(ホルベイン/ラウニー/コットマン)/呉竹 水筆(小)
  • 鉛筆(ファーバーカステル3.15㎜4B/0.3㎜のナノダイヤ2B)

体感的には、同ブランドのアートブックUNIVERSALと同じ感じの紙のような...
水彩を使う紙では無いのだけれども、それほど沈まず色も混ざるし発色が良い。
米国製アートブック(ベーシックスケッチブック)はかなり早く沈むから違いが判る。
※本来は水彩用のノートでは無く黒鉛とかのスケッチデッサン用です。念のため。
鉛筆のノリもフランス製の方が良いかもっていうか、ザラツキとかノリが体感的に違う。
まぁ一長一短ってヤツで、ユニバーサルもそうだったけど紙が薄く感じる。
20170821-canson-artbook-one-notebook-8
顔料だからインクが突き抜けることはまず無いんだけども、薄っすら見える。
水彩も抜けはしないけど、結構丸見え...これは中国製本でフランス製の紙のUNIVERSALもそう。
※でも裏表普通に描けます()

ちな、米国製ベーシックスケッチブック
20170821-canson-sketchbook-1
このノートの紙はグラファイト用?で彩色するとかなり彩度落ちたり、早く沈むし滲むんだけど...
薄いくせにタフで裏表普通に簡単水彩まで描ける。けどとにかく水彩の染み込みが早すぎ。
今回のONE・アートブックの方がきめ細かい表面で繊維が詰まった感じで割と水彩乗せる自由度がまぁまぁあるってかんじ。
※でも本来は水彩用のノートでは無く黒鉛とかのドライメディア用です。大事な事なので二回()

同じ系列のブランドでも生産国ごとに仕様が違ってて割と興味深い(ふりをしてみる

今のがあと9枚で終了だから~、次はこれを使います。
因みに手帳サイズは暫く要らないかも。ハーフレターサイズだからメモ帳だとデカいけど...あちこちバラでノートするともう分けわからなくなるからスケッチも制作メモも全部一緒が近道だなと...

意義がある使い道が出来たらベストだなぁ...



っていう、新しいスケッチノートのギフトねた


いやまぶじっさいもんだい





ランキング参加してますので記事読んだらクリックしてください!!!
にほんブログ村 イラストブログ 今日描いたイラストへ

20170804-cafe-pen-sketch
20170804 lamy safari,watercolor,canson sketchbook

久々にブログ更新...茶屋でのペンスケッチ
20170804-cafe-pen-sketch-1
自分の持ち物だけ簡単水彩で着色
使うたのはラミー・サファリと固形透明水彩※白サファリがかなり汚れてアレなのでお休みして最近コレ使ってる
20170804-cafedoodle-mechanical-pencil
相変わらず、ちゃんと絵が描けない人
鉛筆画の真似事をする落書き。最近GC集のラフとか練習とかに使う鉛筆(シャープペン)は、ぺんてるじゃなくてロットリングのコレ使ってる。太さといい、軽さといいベスト。でも0.3mは相変わらずぺんてるのスマッシュ。0.3㎜のtikky2も使いたい...
でもでも、ずーっと使ってたら赤い輪っかが剥がれてきちゃった。

20170731-newstuff-muji-mechanical-pencil-1
20170731 lamy safari,watercolor,staedtler mars graphic3000,canson sketchbook

シャープペン繋がりで、先日久しぶりに筆記具を買う
無印の、「ABS樹脂最後の1㎜まで書けるシャープペン0.5㎜」という長いタイトル()
20170731-newstuff-muji-mechanical-pencil-2
口金がまるで、某LAMYのスクリブルシャープペンのようである(全体の配色も)
この軸、先端に向けて太くなってる気がする。
LAMYと言えば似てるけども、ワコムのcintiq用のグリップペンに全体のシェイプが似てる気がする。
まぁ実は、三菱のナノダイヤでカラー芯がリニューアル?された新製品が出てたの
先月知って、それを使う用に求めた経緯。
今まで青芯用の節約系シャープペン、つまり先端保持のトップチャック式は、パイロットのクラッチポイントに三菱ミリノ新旧とかプラチナのゼロシン等を試してきたんだけども、今回のコレは樹脂軸でいい感じである。
シンプルだし飽きずに使えそう...
※尚、やはりシャープペンのカラー芯自体が相変わらず描きにくく、三菱7700番みずいろを入れたステッドラー製のマルスパンテクニコ48019か、コヒノール5905の出番の方が多い人

そのまんま水色鉛筆使うのがベストだけど()


っていう、永遠に練習中のヘタレ絵描きのブログ更新


久々買ったの記録したけど
筆記具や画材系で今一番欲しいのは...ipad proとペンシルかもしれない


いやまぶじっさいもんだい




ランキング参加してますので記事読んだらクリックしてください!!!
にほんブログ村 イラストブログ 今日描いたイラストへ

20160820-0825-gedess-lead-sharpener-dx3260-journal
20160825/0820 カフェスケッチ&NEWSTUFFジャーナル
四日ほどペンスケッチしてない
20160820-jonan-sketch-1
 20160820 ペペリッチの缶 買いに行く()



エヌヤマメモ(NEWSTUFF!!!
20160825-gedess-lead-sharpener-dx3260-journal-2
 Gedess lead sharpener /DUX 3260 リードシャープナー(standardgraph)

さてさて...遂に念願の(半分本当)芯研器を導入してしまう...
一年ちょっと前からずっと欲しかった子である。呟き見たら三年前からだったw
理由は2㎜以上の芯を研げるから。
あぁ、あとレトロなフューチャリスティックだから。宇宙海賊だし(エ

すごい簡素な造りでちっちゃい!あと値段おかしい(高すぎるだろ
でも買って良かった...個人的用途では凄い使える奴。
尼は少し安い。ユーロでは2000円くらいなので+送料推測って考えて国内で買うって計算してプア脳を納得させた経緯()

オリジナルは1944年?初期はベークライト製?カラーもブラウンとかあったらしい。
ドイツのDUXブランドになったのはいつなのかしら。
コヒノールの販路だと、青いのいる...型番と名前も違う...

20160825-gedess-lead-sharpener-dx3260-testing
 シャープナー 試し研ぎ

一番上の2㎜は、今まで使ってるベロール・ターコイズ17芯研器。
正直言って、ベロールやステッドラー502の方が凄くシャープに(刺せるくらいに)研げる。
他はDX3260(GEDESS)で研いだ芯。
まぁかなり大昔の設計?っていうかシーラカンスみたいな芯研器なので、後発の芯研器には敵わないのは一応予想してたから全然オッケ()
お絵描きスケッチ用では何ら問題ないレベルの研ぎである...
ベロールもステッドラー925-25(35)-20の芯ホルダーを研ぐ事が出来たけど、GEDESSも余裕である。
私が実用してる芯ホルダー、fixpencil、ステッドラー、ウチダ・ドローイングホルダーDとか全部使える。
ラミースクリブルさんは...まぁ無理だよねデブだから...
特筆すべきは3.15㎜の研ぎ具合。
角度が実に良い感じなのであった...はぁはぁはぁはl(ぇえええ
201608-gedess-lead-pointer-kum-sharpner
Faber-Castell Leads TK9071 with FIXPENCIL 3
※0828追記画像
3㎜~3.15㎜芯研器、KUMのAUTOMATICと削り角度等比較
DX3260は砂ヤスリ(サンドブラスト加工?)なので研ぎ表面はザラザラ。
でも好みの細長い角度で削れるのである。

※あー訂正追記

20160828-gedess-lead-pointer-testing-2
差込口に芯を挿す(出す)長さで削り角度と鋭さが変わる事に気付いたのだった。
上の画像は約10㎜ちょっと出して研いだ結果。表面粗いのはアレだけど、3.15㎜が凄い尖る!
※追記おわり

※0831更に追記画像(ぇええ
gedess-dx3260-fixpencil-884-2mm-testing
なんと、2㎜芯の残芯がこんなになっても研げる。
これは素晴らしい...尖った残芯1㎝未満の世界
ベロール・ターコイズ17でもステッドラー502でも、携帯用の芯研器でさえも不可能な事である...
紙ヤスリ付いてるKUMのAUTOMATICは可能だけど()

※0903更に更に追記画像()
201609-gedess-dx3260-testing
ファーバーカステル3.15㎜も尖った残芯これくらいまで出来る...
201609-gedess-dx3260-testing-1
この状態だとFIXPENCIL3のシェイプがまんま鉛筆になって良い感じ。
チャックが沈むから多分掴んでるとこの芯径3㎜くらい


内臓ヤスリ、どれくらい持つのかちょっと心配ではある※単に粒状の突起で塗装されてるだけなのだ...
(替えヤスリパーツ、海外ショップにあるけど18ドルとかするwwwおかしいw売れてないだろコレ絶対w



今回導入するのに参考にしたサイト様
余りにも使用レヴュー記事が無くてびっくり。


lexikaliker ちゃんと新旧モデル取り上げて削りレビューまでしてるサイト発見!!! GREAT!!!

こちらの掲示板でご年配の方が新旧取り上げてる。削り画像有り。

1940年代初頭にスイスのgeorges dessonnazという方がデザインしたらしい


eMuseum gedess lead pointer  スイスHermann Kuhn社製のブラウンボディ

instagram これもオリジナルヴィンテージなブラウン

http://www.bakelitsammlung.ch/sammlung/b%C3%BCro/ ※ベークライト製のブラウンボディ

http://kurayuki.abeshoten.jp/blog/11032http://kurayuki.abeshoten.jp/blog/11032
※国内でネット記事にしているのはこの御方のみ

 
スタンダードグラフ社のカタログ※PDF 

コヒノール・イタリアのサイトカタログ 

カナダの画材&ワークショップさん「ARTculations」さんのinstagram※使い方動画載せてる

先日記事にした、パティックフィリップのデザイナーさんも回してる※YOUTUBE

分度器さんでも売ってる



POLYMANGA スイスのポップカルチャー&ゲームフェス(漫画フェス?コミケ?)



っていうお絵描き道具ネタ&芯研器の歴史を調べてみた...



※アフィリエイト画像(クリックしてね!





いやまぶじっさいもんだい



  ランキング参加してますので記事読んだらクリックしてください!!!
にほんブログ村 イラストブログ 今日描いたイラストへ

このページのトップヘ