えぬやまジャーナル

お絵描き練習スケッチブック

カテゴリ: 絵描き道具/Drawing supplies

20181031-koh-i-noor-sharpener
20181031 koh-i-noor sharpener

①先日茶屋で次回作のキャラデザとプロット描いてて芯研器忘れちゃってコヒノール芯ホルダーのノックボタン内臓芯研器使ったら具合良かった。フィックスペンシルのキャップ使えばいいじゃんと思うかもだけど糊付け固定してあるの。わざわざ卵型芯研器持たなくても良いじゃん。これでいいじゃんって感じ(3.15㎜)
20181028-staedtler-mars-lumograph-pencils-1
20181028 イオンのポイントで鉛筆を買う

②ステッドラー・ルモグラフ鉛筆を使い始めたのってここ最近なんだけど、ずっと芯ホルダーの鉛筆を使っていたからなんだけど、Bのルモグラフ買ったらロゴや軸色が違う。以前近所の文具屋で買ったHBはコレ古いヤツだったんだな~。っていう。
あの店なんなのいったいぜんたい
20181026-kum-automatic-sharpener-1
20181026 KUM AUTOMATIC SHARPENER

③鉛筆の芯を芯ホルダーみたいに突き出したくて、蓋は取れるわちゃんと削れないわで忘却の彼方に置いてきたKUMのオートマチック鉛筆削りを改めて使う。

因みに2010年にやってたアメブロ画像から
画像 2104
20100929 KUM オートマチック ロングポイントシャープナー&MUJIノート

8年後...
20181031-kum-automatic-longpoint-sharpener
※使用前と使用後の比較画像が好きなんですよ~(わびさび的なフェチ?
なお、当時より少しは画力が上がったけどイマイチな様子。

削りユニットを取り出して加工して削る。
ツイットラで鉛筆削り検索してたら文具オタクがツイートしてたのみてなるほど~と。
20181026-kum-automatic-sharpener-2
駄菓子菓子、全く使えないじゃないの。
国産のB芯だとまるでバイブみたいな意匠になる(おちんちんとも云う
20181028-staedtler-mars-lumograph-pencils-2
後日求めたルモグラフBだと芯が細いのか、スマートに木軸だけ削れた。

つうか同じKUMのプロフェッショナルな鉛筆削りがあれば捗りそう

※画像はアフィリエイトです

KUMのマスターピースという美術用鉛筆削りかな?
超ロングポイントに削れる製品らしい。欲しい... 

20181028-staedtler-mars-lumograph-pencils-3
ヤスリで研いで終了。でもこの削り方、芯ホルダーと違って強度が無いからあんまり意味が無いかも。
本来なら木軸部分をもっとロングにしないといけない気がする。
20181023-eraser-staedtler-radett-52820
20181023 staedtler Radett 528 20 eraser holder

④白い軸の消しゴムホルダーを追加。以前求めたものだけどなんとなく気分だけで。赤軸は曲がっちゃってたわ。しかしステッドラーのマルスプラスチック消しゴムってさ~、薄い黒鉛は具合よいんだけど太目の3Bとかには正直使えん。元々製図用途の製品だから当たり前かもね。って言いつつ使ってんだけど(昔、替え消しゴムをまとめ買いしちゃったため。
※追記 ちな、このステッドラーの白い消しゴムホルダー正直使い勝手良くない。

⑤いやしかし売れん。画力はもうどうにもならないよ。頭打ちだよ。
企画っていうかネタが悪いのかしら。飽きられちゃったのかもね。
結構喜ばれると思って創ってたんだけどな~もうわけがわからないよ
気が狂う
※いや改めて気付いたけど、絵はあって当たり前であり
結局シナリオやウケるプロット&シチュ...ストーリー創作の強化が必要な気がする。
つうか絵やめて小説書きに再チャレンジしようかな(官能の方な)


いやまぶじっさいもんだい



20181020-silverpoint-carandache-fixpencil884
20181020 ガール、フェイスすたでぃ
drawing:Silverpoint(2mm),gesso on sketch paper/ Stillman&birn alpha sketchbook

どーじん原稿作業合間の息抜きお絵描き
久しぶりのシルバーポイント・銀筆にて。

お絵描きしたいけど時間がヤバいので最近描いてない。


さてさて、本日到着の銀丸線2㎜
20181020-silverpoint-marstechnico782
描画に使えるように伸ばして研いで調整。芯ホルダーに(銀ホルダー状態

0.5㎜の銀筆よりも、当たり前だけど描きやすい☆
10㎝も多分必要無いので二分割してホルダー分けれるかも(そんなに要るのかよ


その他個人的メモ
20181020-newstuff-drawing-supplies
ここ最近の購入品
近所のスーパーの文具売り場の一角がちょっとした画材コーナーに!
そこでポイント購入した、お初のあかしや筆ペンと呉竹ZIG Cartoonistの"マンガカ"ミリペン。
他、必要無いんだけど可愛いので買った二本、ステッドラー・ルナ0.5とぺんてるの0.3㎜。

20181008-dippingpen-carandache114-holder
20181008 KAIMEI Bokuju,zebra "G" NIB and caran d'ache penholder 114,on a canson artbook ONE sketchbook

カランダッシュのペンホルダーを導入...ゼブラGにて。個人的にはとても描きにくい。
※つうか、お気にのニブのカブラペンやブラウゼ指先ペン(29EF)が上手く挿せない(!
手持ちのカリグラフィニブ含めて今度記事にする予定。※数年カリグラフィ練習してない。


20181009-mitsubishi-graphite-uchida-proeraser
20181009 L to R/ staedtler mars rasor 527 30,uchida proeraser(tombow mono),proeraser(mitsubishi 6B graphite lead)

普段使ってるペン型消しゴムホルダー。一番右のウチダ製プロイレイザーの再利用。
最初に使ってた左端のステッドラー製ホルダーは酷使するとガバガバになりやすく(消しゴム本体は良く消えるし優れてる)、爆安投げ売り品三本で一本分ちょいの値段でしかもメタル製という事でウチダ製にしたのだけども、ハズレ品だったみたいで半年経たずに調子悪くなった。この個体だけバネが強すぎるのかホールド口内部の成型バリのせいなのかチャック(クラッチ)に傷溝が付いてしまい、それが原因で酷く耳障りな音を出す(ぎーぎー本当にうるさい)&クラッチの戻りが悪い。
※消しゴムホルダーは鉛筆よりもクラッチ動作を頻繁にするのでマジで話にならないレベル。
なので真ん中の正常なプロイレイザーに換えて長年使ってる。中身は100均で買えるモノノック3.8㎜。
このハズレ品に三菱硬筆写書用鉛筆の残り芯を...ベストな芯径だった。
実は過去、パイロットのクロッキー鉛筆芯の4㎜を買って試したことがあった。ツルツル滑ってホールド出来なかったのである。クロッキーや鉛筆画練習用に使おうと思う。

※追記 消しゴムホルダーは顔の目だけ消したり髪の線を消したりとか細いと楽だから使ってる。それに最後まで使い切りやすい。画像のウチダを使ってるのはクラッチ式でホールドがしっかりしてるという点だけ。モノ3.8㎜消しゴムは無いよりあったほうがマシなくらいで大した消し性能じゃないんだよね。普通の消しゴムほど消えない。普通の消しゴムはエアーインを贔屓にしてる。その前はOMNI1だったけど売り場で見なくなった。実は僕はMONO消しゴムが本当に嫌いで最後に買ったのは大昔である。大事なレアCDのケースやプラスチック製玩具にヤツのケシカスがへばりついて穴を開けていたのを見た時以来プチ不買している()あぁそうそう、ペン型消しゴムはいろいろ試してて、ゼブラのドラフィックス、ぺんてるアインクリックや他ぺんてる製ホルダーに三菱ノック消しゴムとか紙巻き消しゴムや、まとまるくんスティック型他いろいろ。クラッチ付いてないノック式はダメだね~使えない。アインクリックはクラッチホールドと消し性能が良いけどサイズ形状がな~。いろいろ消去法でこれになっただけである。ヒノデワシのペン型消しゴムが最高らしいのでつかってみたい。
※おわり

ペン立ての肥やしが再び日の目を見た瞬間である(大げさすぎ


っていう備忘録


あと14ページのカラーリングと背景塗りこみでフィニッシュだ!
2日で完成させる(でないとしぬ



いやまぶじっさいもんだい





20181007-pencil-drawing-wash
20181007 お絵描き淡彩
graphite lead 3mm 3B,watercolor,on a canson artbook ONE sketchbook

鉛筆ラフに適当水彩にて。
連休なんですが10月だというのに夏復活したような気温...
フェーン現象の影響らっすいぃぃいい...

20181007-pencil-drawing-carandache-technograph-3mm
CARAN d'ACHE 6377  technograph 3mm graphite leads

そういや鉛筆、3㎜芯ホルダーの替え芯。カランダッシュのテクノグラフに...
今までずっとフィックスペンシル3の芯はファーバーカステル3.15㎜の6B/4Bに丸善美術の4Bをリピートしてきたんだけど、スケブの肌理と相性が良いフィックスペンシル芯に変えた。
紙面でボケないグラファイトが具合良い。というか鉛筆はダーウェントのスケッチングペンシル4Bやスタビロの2Bとか好きなものがあるんだけど、最近ちゃんと使ってみて一番まとまってて描き味や色味が良い鉛筆だなと気づいたのが、ホルダータイプのカランダッシュ製テクノグラフ、3B3㎜芯だった。
3㎜前後のグラファイトでこの色味とバランスってちょっと他では無いと思う。

※ここでいう描き味とは、描いた描線の具合や色味そのものを指す。
紙面上に乗っかる黒鉛自体が個人的に好きな感じなのです。

ここまで気付くのに5年掛かってる(ぇえええ)。
だがしかし無駄に高すぎ。

でもでも~、
テクノグラフ芯を一本どれくらいで消費するのかってのを8/8から記録してまして()
2か月経って3分の1程まだ残ってる。
線画が主なので必ず尖らせて使ってるのですが実に減りにくい。
適度な濃さでシャープな描線が割と長持ちする。
2㎜鉛筆の場合、以前使っていたUNIホルダー芯の2B~4Bはフルで使うと大体3日で一本でした。2㎜以上だとハイユニ鉛筆B~3BやMONO鉛筆Bも無くなるの早い。
クロッキーやラフ出し作業には柔らかい丸善やカステル(この二つもすぐ短くなる)で使い分ければもっと長持ちするしコスト的にそれほど高くないことに気付く。
いやまぁやっぱり高いんだけど。

っていうか3㎜を尖らせて描くのに慣れちゃうと、2㎜は少し不安定に感じるんですよね。
因みに2㎜芯(木軸含む)はトータル的にステッドラーのルモグラフBが好み。サラッとした描き心地で芯も減りにくい。三菱UNIはユニホルダー芯Fや木軸HBが個人的には良い感じ。

※線画やラフ下書き用途での感想です。塗るとか実際の鉛筆画になるとまた違うと思う。









いやまぶじっさいもんだい





20181004-doodle
20181004 らくがき
prockey marker,acryl gouache,on a lead sharpener

そのまんま本当にらくがき...ベロールの芯研器に。


茶屋にて
20181004-carandache-water-brush-1
買い出しついでに水筆を新調。
まぁホントはデリーターのネームノートって存在を知り買いに行ったんだけど売り切れだった経緯。
20181004-carandache-water-brush-2
カランダッシュの水筆、ポンプ式で面白い。



それはそうと水筆ってなんかあっという間に寿命を迎えるよね。
毎日使ってる訳じゃないのに寿命短い。毛が拡がるか詰まっちゃう。
つうかタンク部分はまだ使えるのにねー。今回のはどれくらい持つのでしょうか。
穂先だけ別売りしてほしい。

20180915-waterbrushes
今使ってる水筆、呉竹のばかりなんだけど、既に三本ダメになった。
それ以前は、ぺんてるのアクアッシュ水筆使ってたけどそれもすぐダメになった。

穂先だけ別売りにしてほしい(二回目

※追記 ペペちゃんが言うには、毛先がボサボサの場合は70℃のお湯で元通りになるらっすいぃぃいい



っていう水筆ネタ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カランダッシュ 水筆ペン(ポンプ式)
価格:777円(税込、送料別) (2018/10/4時点)

楽天で購入

いやまぶじっさいもんだい


20180924-dippen-drawing-carandache-1
20180924 劇画風のオリキャラぴっこさん(宇宙中学二年生)

久々のつけペンお絵描き。
プラチナのカーボンブラックは滲むので途中から開明墨汁にて。

20180924-dippen-drawing-carandache-fixpencil-1
スタビロのペン軸のペン受けパーツを芯ホルダー(フィックスペンシル 884)の軸に。
凄い軽くて頑丈なペン軸になる...ヤバい。
つうか現行のヤツ(青い方)ってペン先抜く時抜けちゃうんだよね。古いタイプのスタビロ(赤い方)はかっちり固定してある。ちな、青い方は気持ち短く切って使ってました。
20180924-dippen-drawing-carandache-2
drawing: light blue pencil,kaimei bokuju/nikko 357 dip pen,gekkosou sketchbook

東洋精鋼製のニッコー・カブラペン(357)の硬質ブロンズタイプに開明墨汁、月光荘のスケッチブックにて。



既製品のカランダッシュ製ペン軸





いやまぶじっさいもんだい




2018年度 同人制作環境、個人的メモメモ

今年から制作用ソフトを変えたっていうかようやく本チャンで扱えるようになったので。
ホントは本活動のサークルのブログでやればいいんだけど、地味な道具ネタは興ざめだからね。

原稿制作用ソフト
2018-digi-doujin-work
CLIP STUDIO PAINT EX

実際にDL販売や本にした(頒布とも言うらしい)コミック形式のタイトルはコミスタで制作してたんだけど、今年はやっとクリスタをちゃんと起動して制作。
※アップグレード更新しかしてなかった()
なかなか覚えるのがね...なので制作しながら操作を覚えていくという相変わらずのマイペースぶり。かなり使えるソフトだったんですね!でもコミスタで出来た些細な事が意外とクリスタだと出来なかったりする。
CG集はSAIとホトショを使ってるんだけど、いずれそちらもクリスタ一本に統合したい。


ペン入れ用道具
001
wacom intuos 3  PTZ-930

来年で10年目だよ!!!大丈夫かな...
壊れるまで使うつもりだけど、壊れたら本当に致命傷なのでその前に新しいペンタブを用意しとかないといけないきがするマジな話。先月ダチから27インチ液晶タブレットの爆安セール品情報教えて貰ったけど、どうなんでしょう液タブ(欲しいけど


パソコン
0ee06813
ツクモのBTOパソコン※プルームテック買うた時の画像。PCの写真なんて撮らないし。

スペックなんだっけ...いきなり自作PCぶっ壊れて(マザボ死亡)、制作中だったのでそのまま急いでアキバに買いに行って配送待ってられないので担いで帰ってきた()のでよくわからんまま求めたパソコン。かなりてんぱってた様子。
みんなこの辺どうしてんだろ。予備のPCとかちゃんと用意してるのかな?
クリスタの3Dとか扱うのにはもう少しメモリ積まないといけない気がする。
まぁでも、2Dとか漫画原稿に使う程度なので特に問題無し。ゲームとかアニメ作れないし。


モニター・液晶ディスプレイ

EIZO FlexScan 2450    ※アマゾンのアフェリエイト画像です()

モニターは昨年末いきなり調子が悪くなって、これもてんぱりながらポチった。
それまでなんと、同じEIZOだけど17インチモニターで制作していたのである。
今回は少し大きいしワイド。でもでも~、縦に大きい2451にすれば良かったかもしれない。
漫画とか作る人は絶対そうしたほうが良い気がする。
色味はどうなんだろ。結構フラットなのかな?よくわからんけど満足してる。
問題は古いEIZOのモニターと色味が違う事。
※これ買って設置した直後に、なんと壊れたと思ってた17インチが復活したという...いったいぜんたい...なので17インチは縦置きにして資料とかページレビューのサブモニターで使用。


ネームやラフ(下書き?)
9e3c5675
2016年11月 リ〇ロ本のネーム...※本活動のブログより

本来ネームから全部デジタルにしたいんだけど、どうにも首とか肩が疲れる。
疲れるの越して激痛である。ペン入れとか彩色作業で更に体がおかしくなってしまう。
なので下書き手前まではノートと鉛筆とか色鉛筆。茶屋でも描ける。

水色(とか黄緑)の鉛筆(殆ど2.5㎜の芯ホルダーで使ってる)は、ホントよく使う。最初に色芯で描いてってまとめるって感じ。
これはデジタルラフと一緒の感覚かも。
以前はスキャンしてそれをまたSAIで清書下書きレイアウトしてペン入れしてたんだけど、
ここ二年ほどはスマホで撮って取り込んだり、横にノート並べてそれを見ながらパソコンで下書きレイアウトしたりしてる。


鉛筆とノート
20180820-manga-rough-sketch-pencils-text
芯ホルダーとか水色鉛筆とか色鉛筆とか消しゴムや芯研器

ふと気づいたんだけど、現時点で実際原稿関連で使ってるのはこれくらい。勿論気分で違うの使ったりするけど。みずいろ以外の色鉛筆ホルダー(ぺんてるプリズメイト)とか時々三色ボールペンは借りセリフやキャプションで使う。シャープペンはてんぱってる時とか詳細な下書き描く時に使う。
20150127-manga-name
※未完の趣味漫画ネーム...宇宙バンパイアのバンプーちゃん漫画

ノートは相変わらず、トップバリューの自由帳を...
一作品につき一冊ってかんじだから、19冊は使ってる。否、趣味漫画(宇宙海賊娘)でも使ってたからもっとかな...
フライングタイガーのノートは四冊目。遂に今回で無くなってしまった。アマゾンのクラシックノート買うならコレ買いに行った方が良かったかもしれない。

でもでも、まとまったお金があったらラフはipadとペンシルにしたいっていうのが実はあったりする。
店頭で試し描き二回ほどしたけど、あれ描きやすいし作業効率的に良さげなんだよね...
本当はもっとシンプルに、青鉛筆と黒鉛かペン一本だけってのが理想なんだけど...
プロの人とかシンプルじゃないですか。ペンと鉛筆だけとか。
フルデジタルの作家さんなんて紙や鉛筆すら持ってないとか理想ではある。




※追記 
趣向を変えて各道具名称の説明など(いらんがな


芯ホルダーとは
製図全般・美術用の描画ツール。建築他造作・木工作業で日常的に使われる(僕はコレがきっかけ)。鉛筆芯(黒鉛)のホルダーの事。
前時代の製図者はもとより、絵を描く者は使った事が無くても画材屋や美術学校・関連書籍等で見かけたことがあるはず。
英語圏だとLEADHOLDER(レッドホルダー)同じく鉛筆芯(lead/鉛)をホールドする器具って意味なんですが、日本語の鉛筆は海外から影響受けた単語なんだろうね。実際には黒鉛と鉛は別物です。つまりグラファイトを扱うメカニカルペンシルの一種。製図用では主に2㎜鉛筆が採用されている。3㎜以上はスケッチ用。これは昔の鉛筆は硬度で芯径が異なっていた名残。現代では2㎜以下でも柔らかい鉛筆芯が作れるのでそれほど関係ない。鉛筆芯が基本にあるので、0.9㎜とか1.3㎜なんて黒鉛芯は木軸鉛筆の黎明期には一般的ではなく、芯径2㎜以上の黒鉛を使用するものが芯ホルダーといって差し支えないと思う。機構は全く関係が無い。一般的な鉛筆芯を基準とした2㎜以下は日本語で言うところのシャープペンシルに該当すると思う。そもそもシャープペンという日本語が間違っている気がする。おかげでシャープペンを「ペン」と解釈している層が多い。シャープペンはペンではなく「シャープペンシル」でありそれらもまた鉛筆の一種=機械式鉛筆である。ペンという筆記具はインクを使用する筆記具の総称である。日本のメーカーもこの辺めんどくさいのか適当である。芯ホルダーにはクラッチ式(ドロップ式とノック式=自動進行式)や回転繰り出し式に古典的なところでネジ固定式等ある。本来のホルダーという意味では、別に黒鉛(芯)じゃなくても、挟めれば好きなモノを挟めば良いと思うの(けがき針や丸ペンとかパスタとかな)元々黒鉛が発見される前は、金属をFIX出来るホルダーで書いていたらしい。銀が好まれたみたいだけど、それこそ本当に鉛(!)も使ってたらしい。鉛とか専用軸に挟んでってことは、筆記具の歴史や語源的にも金属尖筆用の器具がレッドホルダー(芯ホルダー)のオリジンなのかもね。※銀筆少し練習して知った事。
つまり、広義の意味では丸ペン軸のマクソン・ペンホルダーも芯ホルダーである。
maxon-penholder-graphite-leadholder-zubonusagi
MAXON PENHOLDER   Fixed pencil!!! 提供:フィックスペンシル友の会

※追記画像
002
1990年発刊の漫画の描き方本より、鉛筆の項目ページ。
流石にシャーペンや芯ホルダーが古い。ステッドラーのマイクログラフFとかマルスパンテクニコ787...
黒軸にオレンジラインでお馴染み、ダーウェントのグラフィックペンシルがまだREXELカンバーランドの頃のやつとかいいねぇ。現行と黒鉛の質の違いってあるのかな。
で思ったけど、デジタルが普及して無かった頃の漫画家やイラストレーターって文房具好き多いよな。まぁアナログ道具メインの時代だから当たり前の話なんだけど。現代の漫画描きやイラストレーターもプロアマ問わずワコムの最新鋭の液タブとかipadを導入してたり、便利な道具に目が無いよね(液タブ欲しい
※追記おわり

芯研器
黒鉛芯を研ぐ機器。lead pointerとかlead sharpenerを日本語にしたからこういう名称なんだろうね。2㎜はベロール・ターコイズも使うけど、4㎜まで研げるGEDESS/DUX 3260が現在はメイン(※追記 この芯研器、ヤスリの寿命が短い様子※)。ただコレ、カスを捨てる時に難儀する。手が真っ黒になるよ()あとは芯を減らしたくないときは、KUMのAUTOMATIC・リードポインターで短く削ったり、付属の紙やすりで研ぐ。レシートやメモ用紙上で擦って尖らせたりもしてるな。出先ではステッドラーの卵型芯研器。※バッグに常備
staedtler-egg-shape-sharpener-51385ds-doodle
staedtler egg shape lead sharpener 513 85ds  
※追記おわり



という感じで作業に戻る





いやまぶじっさいもんだい


【Amazon.co.jp限定】ワコム液タブ23.6型 Wacom Cintiq Pro 24 ペンモデル ブラック オリジナルデータ特典付き TDTK-2420/K0




20180804-graphite-staedtler-mars-carbon-leads-1
20180804 pencil study(doodle

鉛筆のれんしゅう...とか
デジ同人の原稿終わってないのに実際やってる場合じゃないんだけど
描きたいんだから仕方ない(自問自答

ここ数日、ステッドラーのグラファイトの色が気になって気になって仕方なくて
使ったこと無い硬度の芯を求めてみる。
多分これ銀筆少しかじった時からで、シルバーポイントの色とステッドラーの色味ってなんか似てるから気になり始めたのかもしれない。それまでそれほど気にならなかったから間違いない。
あとなんか絵が上手くなるんじゃないかっていう期待とか()

20180804-graphite-staedtler-mars-carbon-leads
stadetler mars carbon 2mm graphite lead  /H/ 4B

とりあえず、Hと4Bをポチった。



現行の芯ホルダー替え芯ってマルスカーボンって名前で硬度の種類少ないのね。いつ変わったんだろ。
ウッド鉛筆のルモグラフと混同するからマルスカーボンになったのかな。でも今度はルモグラフカーボンと間違えそうだよね。わけがわからないよね。
今まで使ってる緑のルモクロームやBとか2Hに6Hのルモグラフは文具屋で買ってるんだけど、古い在庫なんだな~...()
20180804-graphite-staedtler-mars-carbon-leadholders
いつものホルダーに4B入れてみる。キャップも付け替え☆
以前使ってた(20年ほど前に買ったマイ・ファースト・芯ホルダー※って書いたけど仕事で貰ったフエキ製赤芯ホルダーが実際のファーストホルダーだったの忘れてたつうか忘れたいえぇええ。とある一時期の筆記具、油性チョークとホルダー、赤芯ホルダー、マッキー極太、ステッドラーの使い捨てBPと測量手帳)マルステクニコの780も引っ張り出す。クリップも付けてあげる。
※尚、結局使わなかった模様
(この芯ホルダー現場で使ってたからなんか絵描くの嫌なんだよね

その前に、
20180804-graphite-fixpencil-hiuni-4b
フィックスペンシルに入れてたトンボ佐藤MONO4Bはやっぱ少し粉っぽいから止めて
ハイユニ(Hi-Uni)の4Bに交換している。
20180804-graphite-staedtler-mars-carbon-leads-3
ハイユニ4Bと、今回求めたステッドラーの芯ホルダー用マルス4Bの比較
画面下のガールはフィックスペンに入れてるステッドラーBと、これまた今回求めたステッドラーのH。上と色が違ってて面白い。つうかステッドラーの黒鉛って重ねても綺麗になじむのね。っていうかHが良い感じ。Hさいこう。
20180804-graphite-staedtler-mars-carbon-leads-4
ハイユニの方がなんか茶色っぽい。おもしろーい。


ステッドラーの芯ってBより濃いの使った事無かったから新鮮。
次回はルモグラフ鉛筆の8Bとか試したい。
ってゆーか、老舗鉛筆屋の看板は伊達じゃないんだな~と改めて思ってしまった。

20180804-graphite-staedtler-mars-carbon-leads-2
ついでに二か月前のツイッターに上げた落書き(ツイッタまた辞めたので)



いやまぶじっさいもんだい





20180704-amazon-basic-classic-notebook-1
20180704 amazon basics  Classic Notebook Large,plain

でじどぉおおじん用のネタ帳ノートがそろそろ終わりそうなので、
かねてより安くて丈夫そうで、欲しい物リストに入れていたノートをとうとうポチる


アマゾンベーシックのクラシックノート(無地)である。

20180704-amazon-basic-classic-notebook-2
300円台の時に買っとけば良かったけど、こういうのは気分とタイミングなのです()
403円で買い合わせじゃなかったので試しに。
20180704-amazon-basic-classic-notebook-3
いわゆる、”モレスキンスタイル”な装丁のチープなハードカバーノートブック。
20180704-amazon-basic-classic-notebook-4
モレスキンスタイルってさ、綴じ数と背表紙の違いだけなんだよね。
ゴム紐とかしおりとかポケットは正直関係ない気がする。そんなものはモレスキンよりも前からある。
正直、モレスキンのノートって面置きならスマートに見えるけど、背表紙が割れて汚くなるでしょ。そこがあんまり好きじゃなかったりするんだけどもね。
モレスキンのノートとスケッチブック、結局半分まで使って最後まで使えてないし(モチベが湧かない


でじどぉおおじんのネタ帳として(エロスキン※)
20180704-amazon-basic-classic-notebook-5
ネタとかネームまで描いてるあんまり人に見せられないでじどぉおおじん専用のネタ帳ノート、フライングタイガーのA5ノートを今まで4冊リピートしてきたんだけど(当時まとめ買いしたもの)
これが200円でハードカバーだしページ数もあって良いんだよね。紙は最悪だけど(しかし鉛筆のノリが気持ち良い)、まぁネタ帳だしそもそも人に見せられないノートでいざとなったら気兼ねなく廃棄できるっていうとこでこのノートなのです。しかし買いに行くのめんどくさくて、売ってないかもしれないし...
ってのが、今回アマゾンのクラシックノートをポチった経緯。

あぁこのアマゾンのノート、質感がダイスキン・ラージだ!!!


紙面筆記テスト
20180704-amazon-basic-classic-notebook-test-1
ink and watercolor test :
graphite/tombow mono 4b(fixpencil 3),technical pen(staedtler pigment liner 0.2),uni prockey blk,zebra Disposable brush pen,pentel brush pen(grey),fountain pen/lamy safari(M)/pilot bamboo(f)/platinum carbon ink,lamy ball point,signo UMR-1(0.28),washable marker/Tombow ABt,Watercolor

使用した筆記具
  • 黒鉛 トンボ鉛筆MONO4B/フィックスペンシル3
  • 製図ペン(ミリペン) ステッドラー・ピグメントライナー0.2㎜
  • 水性顔料ペン 三菱プロッキー 黒
  • ゼブラ・筆サイン
  • ぺんてる うす墨 筆ペン
  • 万年筆 ラミーサファリ(M)プラチナ カーボンブラック
  • 万年筆 パイロット・バンブー(F)プラチナ カーボンブラック
  • ラミー 油性ボールペン
  • シグノ UMR-1 0.28
  • 水性マーカー トンボABT
  • 固形透明水彩 ラウニー&コットマン
紙面の肌理はツルツル気味であった...100均的なセロファン系と勝手に呼んでる紙の類※だけども意外と鉛筆のノリは悪くないです。
まぁでもね~、これにイラスト記録とかスケッチする訳じゃないからまぁ許容範囲かな。

※8/20追記
数ページ使ったけど、これは酷い紙面。ホントにつるつるの紙。
モチベ八割消える()
400円の価値があるかっていうと正直無いかも。
フライングタイガーとかでハードカバーの無地ノート買ったほうが吉。


裏面
20180704-amazon-basic-classic-notebook-test-2
サファリMニブのプラチナカーボンが抜け捲りまくりまくりすてぃですね。
実はこの辺は、前述のタイガーノートも同じなのでネタ帳としては適用範囲かな。

まぁなんていうか、モレスキンスタイルという装丁なだけであって当然だけど紙はモレスキンの方が数倍良いです。あの紙は意外とタフですよね。

まぁ個人的にはモレスキン買うなら?
以前使った、CANSONユニバーサルのアートブックをリピートするでしょうね。
20180704-canson-universal-artbook
このノートは今改めて思うとホント凄い。紙が薄く感じるのに体感的にタフすぎる。
ここ数年使ってるスケッチ用ノートもCANSONで今のはフランス製のONEなんだけど、それよりも画像のUNIVERSALシリーズで使われてる紙の方が良い紙なんだと思う。
同メーカーでも仕様でかなり違う紙使ってるから侮れない。
見た目的にはモレスキンスタイルじゃないから、少し無骨で野暮ったいノートだけど(でもそこが良い
万年筆から水彩もフツーに使えるし裏に響かないのでホントはコイツが欲しいんだけどもね。
なにしろ、ラミーサファリのMニブにプラチナカーボンブラックっていう滲みやすくて抜けやすい組み合わせでもこのUNIVERSALのアートブックは抜けどころか裏写りさえも殆どしてない。今使ってる同メーカーのアートブックONEはそんなに紙は強くないので線画スケッチするときは筆サイン使う方が多いんだよね。

とりあえず、アマスキン使い倒してからまた考えよう()


っていうエロスキン※ねた



※注 エロスキンとは、エロ創作用に特化した伝統的なノートブックの継承者です。
デスクは勿論、外出先でもお茶屋でも気軽に情熱的なリビドーを書き込める、紳士淑女のクリエイティビティなイマジネーションを形にするノートブック。






いやまぶじっさいもんだい




20180630-smokinggirls
smoking girls    Derwent graphic 4B(fixpencil 3),flying tiger notebook

ダーウェントのグラフィックペンシル(フィックスペンシル)にてSmoking girlちゃん

3㎜芯ホルダーを愛用していると直面するのが、替え芯の選択肢の少なさである。
本来ちゃんとカランダッシュのテクノグラフ芯を使えばベストなんだけど高い...
まぁ大体納得してフィックスペンシルで使ってるのが、
3mmの丸善美術(サムホルダースリム用)と3.15mmのファーバーカステルなのだけども
描き味が同じベクトルなので時々すごく気になるときがあるのです。
クロッキーとかデッサンにはベストな色なんだけど。

ファーバーカステル 3.15mm芯ホルダー替え芯(今は4B使ってる)
※画像はアフィリエイトです。

つまり、線画の下書きでも応用出来るもうちょっとさっぱりした芯が欲しいのです。
経験だと、ラミーの4B芯とフィックスペンシルに元から入ってるカランダッシュ製の芯(テクノグラフ)は実にさっぱりさらさらしていて描画しやすい(固いともいう

ラミー 3.15㎜替え芯※画像はアフィリエイトです

多分図案や絵描き向けなんだとマジで思う。でもでも、この二社の替え芯高い。
まぁカランの替え芯が描き味凄く良いので、買って使ってみても良いかもだけどちょっとね。
画力や技量と伴ってないのに高価な黒鉛ってのもクールじゃないよね。
※追記 
って数年思ってたけど描線が綺麗に出るテクノグラフ芯を導入 (未来記事リンク)
追記終わり※



恒例の鉛筆割り
20180629-3mm-lead-pencil-derwent-graphic-4b-2
ダーウェント グラフィックペンシル 4B

鉛筆で一番お気に入りのダーウェント。



この鉛筆ってなんかラミー4Bとかと同じ傾向の描き味。
じつにさっぱりしてる。スゴイ好き。そろそろ買いに出かけなくてはいけない。
20180629-3mm-lead-pencil-derwent-graphic-4b-3
このグラフィックペンシルの芯がフィックスペンシルで使えたらな~、と捌く()
20180629-3mm-lead-pencil-derwent-graphic-4b-5
しかし...ちょっと特殊な黒鉛なのだろうか...柔い...
捌いたら折れてしまった...この辺、国産の鉛筆って丈夫なんだな...と...
学童用・事務用と画材用でその辺意識も違うのだろうね。
あと黒鉛芯単体で使う事想定してないから、当たり前の結果といえばそうなんだけど。
20180629-3mm-lead-pencil-derwent-graphic-4b-1
いやしかし、グラフィックペンシルの描き心地好きだわ。

ダーウェントは替え芯を出すべきだと思う。
って思ったけど結局ラミーくらいに高くなりそうな気もする。



っていう、消費財記録


いやまぶじっさいもんだい






20170821-canson-artbook-one-notebook-1
CANSON ART BOOK ONE  5,5in×8.5in 100g/m2 195p Made in France

キャンソン・ワン・アートブック(メーカーサイト)
推奨画材:鉛筆、パステル、木炭、フェルトペン
その他の用途:ノートやメモ帳として。
※メーカーサイトより抜粋
20170821-canson-artbook-one-notebook-2
今回もサイズはハーフレターサイズ(A5スリム?)。
紙は無酸紙・100g/m2で196頁・98枚綴り(北米ベーシック版は216頁108枚で96g)

今使ってる人物デッサンとかオリキャラのスケッチ用ノート、CANSON製のベーシックノートなんだけど今回は本国版?CANSONのARTBOOK ONEというノート(スケッチブック)
アートブックUNIVERSALというモデルはメモ帳兼スケッチノートとして使って、つい先日使い終わったばかり。

今回のはCANSON本国、フランス製のスケッチノート。そのまんま、カイエかもしれない...
因みにイタリア製本のONEもあるのでグローバル企業は訳わからん。

20170821-canson-artbook-one-notebook-3
ハードカバーがファブリック風。今使ってる米国版はクラシックタイプに良くある型押しレザー風。
20170821-canson-artbook-one-notebook-4
ユーロ?CANSONだとブランドロゴの遊び紙(見返し)が付いてる。
なので一ページ目は実質二ページ目からである。
20170821-canson-artbook-one-notebook-9
そして、表四部分のカバーには型押しのブランドロゴが無い。
20170821-canson-artbook-one-notebook-5
糸綴じ部分はとても綺麗に作られてる。
でもでも、勿論普通の製本なのでフラットに開くには自分で「癖」を付けてあげないと上手くノートは開かない。
頑丈だから、ぐいぐいと折り曲げて拡げてあげることにする。

※201809追記 
canson-notebooks
残念ながらこのONEブックはレイフラットに見開けないことが判明。
まぁ見開きで描かずに一ページ単位で描く分には全く問題無いけども。
UNIVERSALは完全レイフラット。米ベーシックも折り曲げればほぼフラットで見開ける。
まぁ、スキャンしないならこのフラットにってのは特に問題ないんだよね実は()
※追記おわり


ペーパー試し描き
20170821-canson-artbook-one-notebook-6
まだ本チャンで使う時期じゃないし勿体ないので()見返しと噛む1ページ目に...←相変わらずせこい

使用したもの
  • 万年筆/ラミーサファリ・EF/M(プラチナ万年筆 カーボンブラック)
  • ゼブラ 筆サイン 極細 
  • 三菱UNI プロッキー 
  • ステッドラー ピグメントライナー0.2㎜ 
  • 三菱シグノ 0.28㎜
  • ぺんてる うす墨 筆ペン
  • ロットリング・ティンテンクリ・TIKU(バリアントニブ0.2㎜/プラチナ カーボン)
  • 固形透明水彩(ホルベイン/ラウニー/コットマン)/呉竹 水筆(小)
  • 鉛筆(ファーバーカステル3.15㎜4B/0.3㎜のナノダイヤ2B)

体感的には、同ブランドのアートブックUNIVERSALと同じ感じの紙のような...
水彩を使う紙では無いのだけれども、それほど沈まず色も混ざるし発色が良い。
米国製アートブック(ベーシックスケッチブック)はかなり早く沈むから違いが判る。
※本来は水彩用のノートでは無く黒鉛とかのスケッチデッサン用です。念のため。
鉛筆のノリもフランス製の方が良いかもっていうか、ザラツキとかノリが体感的に違う。
まぁ一長一短ってヤツで、ユニバーサルもそうだったけど紙が薄く感じる。
20170821-canson-artbook-one-notebook-8
顔料だからインクが突き抜けることはまず無いんだけども、薄っすら見える。
水彩も抜けはしないけど、結構丸見え...
※でも裏表普通に描けます()

ちな、米国製ベーシックスケッチブック
20170821-canson-sketchbook-1
このノートの紙はグラファイト用?で彩色するとかなり彩度落ちたり、早く沈むし滲むんだけど...
薄いくせにタフで裏表普通に簡単水彩まで描ける。けどとにかく水彩の染み込みが早すぎ。
今回のONE・アートブックの方がきめ細かい表面で繊維が詰まった感じで割と水彩乗せる自由度がまぁまぁあるってかんじ。
※でも本来は水彩用のノートでは無く黒鉛とかのドライメディア用です。大事な事なので二回()

同じ系列のブランドでも生産国ごとに仕様が違ってて割と興味深い(ふりをしてみる

今のがあと9枚で終了だから~、次はこれを使います。
因みに手帳サイズは暫く要らないかも。ハーフレターサイズだからメモ帳だとデカいけど...あちこちバラでノートするともう分けわからなくなるからスケッチも制作メモも全部一緒が近道だなと...

意義がある使い道が出来たらベストだなぁ...



っていう、新しいスケッチノートのギフトねた


いやまぶじっさいもんだい





↑このページのトップヘ