えぬやまジャーナル

お絵描き練習スケッチブック

カテゴリ: 雑記

20181107-mecpencils-tombow-monograph03-2
20181107 face study
faber-castell 3.15mm lead 4B,UNI 0.3mm 2B,maruman croquis

シャープペンシル型の消しゴムを買ってみたので(ポイント購入)
消しゴムの練習お絵描きをしてみた。
なぜクロッキー帳に描いてしまったのだろう...紙がよぼよぼになってしまう。

本題の今回導入してみたブツ
20181107-mecpencils-tombow-monograph03-4
トンボ鉛筆のシャープペンシル付き極細消しゴム、モノグラフゼロ。
出た当初お店で試筆して結構よかったの思い出して、消しゴム欲しさに(ポイント
20181107-mecpencils-tombow-monograph03-5
2㎜ちょいの極細MONO消し。モノゼロって鉛筆画家さんが良く使ってるアレ。
光とかこれで描いてるんだよな。そのモノゼロにシャープが付いてる奴。
単体のモノゼロにしようかと思ったんだけど、そもそもしょっちゅう鉛筆画練習するわけでもなく、細い消しゴムはモノノックで事足りてるのでシャープペン付のこちらにしてみた。尼ならたったの440円


恒例の、ウチのラフお絵描き専用ペンシルズとサイズ比較
20181107-mecpencils-tombow-monograph03-1
モノグラフゼロ...電車のような長さである...
メカペンシルの軸の長さに異常に拘る人なので非常に気になる。※スマッシュが基準値
でもでも、コヒノール5905も長かったけどなんかすっかり慣れてしまったのでコレも慣れるのだろうか...
そういやABt以外のトンボ製筆記用具買うの久しぶりかも。数年前は繰り出し量調整出来るシャープを一時期併用してたわ。
因みにモノグラフゼロ、滑り止め的なローレット仕様だけど、この中で一番グリップが弱いね~。滑るローレットの意味がよくわからん。グラフギア500もそうだったよな。滑り止めじゃなくて多分重りなんだろうなコレ。
ホントはシルバー軸がカッコ良かったけど0.3㎜は無かったので正直趣味じゃないMONO仕様にした。
剥がして透明軸にしたい←

※0.3㎜つながりで補足
20181107-03-mechanicalpencils
※描画用の0.3㎜シャープは相変わらずスマッシュとここ最近お気にのパイロットS3。
この二種が手持ちの0.3㎜では最高に取り回しが良い。他、今まで併用してきた0.3㎜。
ロットリングの製図向けは手に合わなかったのであまり使ってない。

※ついでに来年で描画使用歴10年目なので追記(再うp)
pentel-smash-grip
何だかんだずっと使ってるぺんてる製スマッシュ0.3㎜...画像真ん中は、エライ長い期間使ってるのになかなか致命的には壊れない(流石に少し調子が悪くなってきてるけど)。グリップの塗装も全く剥がれないタフな個体。0.5㎜の別途購入したグリップパーツは経年使用で普通に剥げる。それでも9年使ってるからまぁこんなものである。フィックスペンシルなんて数か月使ったら先端剥げてくるのに()基本ゴムグリップは苦手なんだけど(intuosは妥協してグリップつけてるけど)スマッシュのゴムは摩耗はそりゃするけど何年経ってもベトつかず違和感がない。素晴らしいグリップパーツ!
※追記おわり

と、ここまで書いたけど今現在はあまりシャープペンシルを使っていない(ぇええええ
基本、シャープペンシル(芯)ってのはどんなものも全般的に書き心地が最悪である。
作図(線引き)や描画ならまだしも筆記に至ってはマジで苦痛である。※筆記具は大学時代から水性ボールペン派の人。鉛筆(シャーペン)なんて絵描く時しか使わない。
中でも0.3㎜径はデジで下書きの労力をなるべく抑える目的で、サイズの小さい構図や指とか目とか服のディテール等を予め明確に描きたい時しか使ってない。というより、どぉおおじんデジ絵やマンガの下絵や構図のラフ用途でしか鉛筆使っていないから(※趣味お絵描きを除く
0.3㎜より3.0~3.15㎜のグラファイトばかりつかってるっていう。感覚的には木軸鉛筆の4Bあたりの太さと同じで非常に描きやすいのです。0.5や2.0㎜も以前ほど使ってない。いや使うけど()
そんな感じなので、理想としては3㎜鉛筆と補足用の0.3㎜の二種類だけなら道具としてスマートで良いんじゃないかと思ってるの。
シンプルなスタイル、かっこいいじゃんね。つうかウチのどおおじん買ってくれやオイ
※追記おわり




とりあえず暫く使ってみようと思う。




いやまぶじっさいもんだい





20180822-carandache-look-doodle-1
20180822 picco the space pirate"caran d'ache look"doodle
drawing: zebra disposable brush pen,graphite(technograph 2mm B),on a canson artbook ONE sketchbook

カランダッシュという高級文具メーカーがあるんだけど、正直それほど関心が無い。一般筆記用具は基本ボールペンが好きだけど、カランダッシュの高級筆記具は問題外として()エクリドールとか普通のオフィスラインとかオレ結構長い事生きてるけど一度も欲しいと思った事が無いんだよね。って書いたけど文具や筆記具に特に強い拘りがあったわけじゃないので一般的な認識だねコレ(追記)

というわけで、
カランダッシュの社名の由来であるカランダッシュ(本名エマニュエル・ポアレ)って風刺漫画家さんが気になってずっと調べてた。英語・フランス語圏だと
ちゃんとカランダッシュ氏のWIKIがある。日本だと文具メーカーしか出てこない。なので、個人的まとめとしてタッチを真似てみる。ネット上に大きな画像は2つくらいしかないので微妙なとこでもある。

因みに、
caran d'acheはロシア語の鉛筆という単語ではなく、実際の鉛筆のロシア語はКарандаш(KARANDASH)である。ポアレさんはフランス語風の当て字?創作熟語?で「Caran D'ache」という綴りのペンネームで活躍していた様子。それを彼のファンである同社経営者のアルノルト・シュバイツァーさんが社名にしたらしい。死人に口なし?(え
個人的に、このメーカーの芯ホルダーは凄くお気に入りで五年ほど使用してる。もっと早く知りたかったくらい。でもでもそれは多分無かっただろうな。アートや工業系学生でも無かったし筆記具や画材系ツールに関心が出たのは現在の絵描き活動を始めてからだから(追記)
それ以前より憧れてるのがやっぱり色鉛筆である。使いこなせそうにないのと高価なのでなかなか買う踏ん切りがつかないまま数年経ってるんだなー。つうか画材メーカーの場合、技量の関係から敷居が高かったりする。金払えば済む話ではないのである。

つまりカランダッシュという画材メーカーには関心があるのです。
20180822-carandache-look-doodle-2
下書きはテクノグラフの2㎜B芯( 100周年記念Fixpencil

フィックスペンシル友の会...
(ΦωΦ)




いやまぶじっさいもんだい






2018年度 同人制作環境、個人的メモメモ

今年から制作用ソフトを変えたっていうかようやく本チャンで扱えるようになったので。
ホントは本活動のサークルのブログでやればいいんだけど、地味な道具ネタは興ざめだからね。

原稿制作用ソフト
2018-digi-doujin-work
CLIP STUDIO PAINT EX

実際にDL販売や本にした(頒布とも言うらしい)コミック形式のタイトルはコミスタで制作してたんだけど、今年はやっとクリスタをちゃんと起動して制作。
※アップグレード更新しかしてなかった()
なかなか覚えるのがね...なので制作しながら操作を覚えていくという相変わらずのマイペースぶり。かなり使えるソフトだったんですね!でもコミスタで出来た些細な事が意外とクリスタだと出来なかったりする。
CG集はSAIとホトショを使ってるんだけど、いずれそちらもクリスタ一本に統合したい。


ペン入れ用道具
001
wacom intuos 3  PTZ-930

来年で10年目だよ!!!大丈夫かな...
壊れるまで使うつもりだけど、壊れたら本当に致命傷なのでその前に新しいペンタブを用意しとかないといけないきがするマジな話。先月ダチから27インチ液晶タブレットの爆安セール品情報教えて貰ったけど、どうなんでしょう液タブ(欲しいけど


パソコン
0ee06813
ツクモのBTOパソコン※プルームテック買うた時の画像。PCの写真なんて撮らないし。

スペックなんだっけ...いきなり自作PCぶっ壊れて(マザボ死亡)、制作中だったのでそのまま急いでアキバに買いに行って配送待ってられないので担いで帰ってきた()のでよくわからんまま求めたパソコン。かなりてんぱってた様子。
みんなこの辺どうしてんだろ。予備のPCとかちゃんと用意してるのかな?
クリスタの3Dとか扱うのにはもう少しメモリ積まないといけない気がする。
まぁでも、2Dとか漫画原稿に使う程度なので特に問題無し。ゲームとかアニメ作れないし。


モニター・液晶ディスプレイ

EIZO FlexScan 2450    ※アマゾンのアフェリエイト画像です()

モニターは昨年末いきなり調子が悪くなって、これもてんぱりながらポチった。
それまでなんと、同じEIZOだけど17インチモニターで制作していたのである。
今回は少し大きいしワイド。でもでも~、縦に大きい2451にすれば良かったかもしれない。
漫画とか作る人は絶対そうしたほうが良い気がする。
色味はどうなんだろ。結構フラットなのかな?よくわからんけど満足してる。
問題は古いEIZOのモニターと色味が違う事。
※これ買って設置した直後に、なんと壊れたと思ってた17インチが復活したという...いったいぜんたい...なので17インチは縦置きにして資料とかページレビューのサブモニターで使用。


ネームやラフ(下書き?)
9e3c5675
2016年11月 リ〇ロ本のネーム...※本活動のブログより

本来ネームから全部デジタルにしたいんだけど、どうにも首とか肩が疲れる。
疲れるの越して激痛である。ペン入れとか彩色作業で更に体がおかしくなってしまう。
なので下書き手前まではノートと鉛筆とか色鉛筆。茶屋でも描ける。

水色(とか黄緑)の鉛筆(殆ど2.5㎜の芯ホルダーで使ってる)は、ホントよく使う。最初に色芯で描いてってまとめるって感じ。
これはデジタルラフと一緒の感覚かも。
以前はスキャンしてそれをまたSAIで清書下書きレイアウトしてペン入れしてたんだけど、
ここ二年ほどはスマホで撮って取り込んだり、横にノート並べてそれを見ながらパソコンで下書きレイアウトしたりしてる。


鉛筆とノート
20180820-manga-rough-sketch-pencils-text
芯ホルダーとか水色鉛筆とか色鉛筆とか消しゴムや芯研器

ふと気づいたんだけど、現時点で実際原稿関連で使ってるのはこれくらい。勿論気分で違うの使ったりするけど。みずいろ以外の色鉛筆ホルダー(ぺんてるプリズメイト)とか時々三色ボールペンは借りセリフやキャプションで使う。シャープペンはてんぱってる時とか詳細な下書き描く時に使う。
20150127-manga-name
※未完の趣味漫画ネーム...宇宙バンパイアのバンプーちゃん漫画

ノートは相変わらず、トップバリューの自由帳を...
一作品につき一冊ってかんじだから、19冊は使ってる。否、趣味漫画(宇宙海賊娘)でも使ってたからもっとかな...
フライングタイガーのノートは四冊目。遂に今回で無くなってしまった。アマゾンのクラシックノート買うならコレ買いに行った方が良かったかもしれない。

でもでも、まとまったお金があったらラフはipadとペンシルにしたいっていうのが実はあったりする。
店頭で試し描き二回ほどしたけど、あれ描きやすいし作業効率的に良さげなんだよね...
本当はもっとシンプルに、青鉛筆と黒鉛かペン一本だけってのが理想なんだけど...
プロの人とかシンプルじゃないですか。ペンと鉛筆だけとか。
フルデジタルの作家さんなんて紙や鉛筆すら持ってないとか理想ではある。




※追記 
趣向を変えて各道具名称の説明など(いらんがな


芯ホルダーとは
製図全般・美術用の描画ツール。建築他造作・木工作業で日常的に使われる(僕はコレがきっかけ)。鉛筆芯(黒鉛)のホルダーの事。
前時代の製図者はもとより、絵を描く者は使った事が無くても画材屋や美術学校・関連書籍等で見かけたことがあるはず。
英語圏だとLEADHOLDER(レッドホルダー)同じく鉛筆芯(lead/鉛)をホールドする器具って意味なんですが、日本語の鉛筆は海外から影響受けた単語なんだろうね。実際には黒鉛と鉛は別物です。つまりグラファイトを扱うメカニカルペンシルの一種。製図用では主に2㎜鉛筆が採用されている。3㎜以上はスケッチ用。これは昔の鉛筆は硬度で芯径が異なっていた名残。現代では2㎜以下でも柔らかい鉛筆芯が作れるのでそれほど関係ない。鉛筆芯が基本にあるので、0.9㎜とか1.3㎜なんて黒鉛芯は木軸鉛筆の黎明期には一般的ではなく、芯径2㎜以上の黒鉛を使用するものが芯ホルダーといって差し支えないと思う。機構は全く関係が無い。一般的な鉛筆芯を基準とした2㎜以下は日本語で言うところのシャープペンシルに該当すると思う。そもそもシャープペンという日本語が間違っている気がする。おかげでシャープペンを「ペン」と解釈している層が多い。シャープペンはペンではなく「シャープペンシル」でありそれらもまた鉛筆の一種=機械式鉛筆である。ペンという筆記具はインクを使用する筆記具の総称である。日本のメーカーもこの辺めんどくさいのか適当である。芯ホルダーにはクラッチ式(ドロップ式とノック式=自動進行式)や回転繰り出し式に古典的なところでネジ固定式等ある。本来のホルダーという意味では、別に黒鉛(芯)じゃなくても、挟めれば好きなモノを挟めば良いと思うの(けがき針や丸ペンとかパスタとかな)元々黒鉛が発見される前は、金属をFIX出来るホルダーで書いていたらしい。銀が好まれたみたいだけど、それこそ本当に鉛(!)も使ってたらしい。鉛とか専用軸に挟んでってことは、筆記具の歴史や語源的にも金属尖筆用の器具がレッドホルダー(芯ホルダー)のオリジンなのかもね。※銀筆少し練習して知った事。
つまり、広義の意味では丸ペン軸のマクソン・ペンホルダーも芯ホルダーである。
maxon-penholder-graphite-leadholder-zubonusagi
MAXON PENHOLDER   Fixed pencil!!! 提供:フィックスペンシル友の会

※追記画像
002
1990年発刊の漫画の描き方本より、鉛筆の項目ページ。
流石にシャーペンや芯ホルダーが古い。ステッドラーのマイクログラフFとかマルスパンテクニコ787...
黒軸にオレンジラインでお馴染み、ダーウェントのグラフィックペンシルがまだREXELカンバーランドの頃のやつとかいいねぇ。現行と黒鉛の質の違いってあるのかな。
で思ったけど、デジタルが普及して無かった頃の漫画家やイラストレーターって文房具好き多いよな。まぁアナログ道具メインの時代だから当たり前の話なんだけど。現代の漫画描きやイラストレーターもプロアマ問わずワコムの最新鋭の液タブとかipadを導入してたり、便利な道具に目が無いよね(液タブ欲しい
※追記おわり

芯研器
黒鉛芯を研ぐ機器。lead pointerとかlead sharpenerを日本語にしたからこういう名称なんだろうね。2㎜はベロール・ターコイズも使うけど、4㎜まで研げるGEDESS/DUX 3260が現在はメイン(※追記 この芯研器、ヤスリの寿命が短い様子※)。ただコレ、カスを捨てる時に難儀する。手が真っ黒になるよ()あとは芯を減らしたくないときは、KUMのAUTOMATIC・リードポインターで短く削ったり、付属の紙やすりで研ぐ。レシートやメモ用紙上で擦って尖らせたりもしてるな。出先ではステッドラーの卵型芯研器。※バッグに常備
staedtler-egg-shape-sharpener-51385ds-doodle
staedtler egg shape lead sharpener 513 85ds  
※追記おわり



という感じで作業に戻る





いやまぶじっさいもんだい


【Amazon.co.jp限定】ワコム液タブ23.6型 Wacom Cintiq Pro 24 ペンモデル ブラック オリジナルデータ特典付き TDTK-2420/K0




20180626-girl-manga-sketch-pencil-lamy-safari-1
20180626 Girl sketch    LAMY SAFARI  Mechanical Pencil Matt Umbra  0.5( LAMY HB?),CANSON ARTBOOK ONE Sketchbook

久しぶりに新しく入手したシャープペンシルを使ってみた。



LAMY ラミー シャープペンシル サファリ ブラック L117 正規輸入品

何気に初めてのサファリ。のシャープペンシル(0.5㎜)

買ったっていうかポイントあったのでポチッたけど、そもそも安かった。
いやしかし、お初の筆記用具で描くと捗るっていう不思議惑星多元宇宙

ラミーサファリ好き

サファリのペンの方(万年筆)は、10年程お絵描きで愛用してるのですが
(※文房具や万年筆が好きというわけではなく、インクでお絵描きが捗るので都合が良いのです。
サファリの前は水性ボールをよく使っていた。サファリというよりもラミー製の汎用ニブは文房具ではなく、紛れもなく描画材である。)
何故かシャープペンシルだけは完全スルーしていたのですよ。
20180626-girl-manga-sketch-pencil-lamy-safari-3
LAMY PENCILS

ラミー製品のシャープペンシルは過去三本ほど買ったことある。
一番最初はスピリットのマットブラック(絵趣味とか無かった時期に筆記用で購入。しかし使いどころ無くて割と当時後悔した)、次がスクリブル。この芯ホルダー(fixpencil使う前はよく使ってた愛用ホルダー)買うついでに、シャープのマットブラックも欲しくてシンガポールのショップからわざわざ通販したのに欠品でこの人が来たのは良い思い出。本命の芯ホルダーの黒は来たのだけども。お詫びに爆安セールしてくれた(スクリブルシャープは芯ホルダーの派生製品って感じ。非常に描きにくい。筆記で使った事ないけどコレを筆記具として使ってる人なんて多分いないんじゃないかな。こんなペンシルで一体どんなテキストを書くのだろう。多分バリエーション増やすためだけの製品なんだろうねコレ。UNI青芯で極まれに使う程度)、三番目が安かったのでティポのアルミ軸(これも実に描きにくい。ボールペンにすればよかったかも)。
そしてまた安かったので今回のサファリのシャープペンシル。
なんていうか、サファリのペンの方のデザインは、色違い買っても毎度ぉおお~チープなのにカッコいい!もう一本!おかわり!()って思うんですが、サファリのシャープペンは形があんまり好きじゃなくて買う事は無いのだろうな~と思っていたのだった。


描き味とか
描き味は流石、ラミーの黒鉛芯。固いけどノリが良い。



でもこの芯、一般的なノート用紙向けではないと思う。
普段使いのスケッチノート(CANSON)やクロッキー帳(マルマン)と実に相性が良い。
脂っぽくなく粉っぽくならないし、濃淡の重ね塗りも綺麗だと思う(画力は置いといて

使い勝手とか
20180626-girl-manga-sketch-pencil-lamy-safari-5
ノック二回での芯の繰り出し量。左からぺんてる、ラミーサファリ、ティッキー2

ノック繰り出し量は二回でちょうど良い感じ。ティッキーと同じくらい。
ドイツ製品のなんか規定でもあるのだろうか。愛用してるぺんてる製だと四回分。

サイズ比較
20180626-girl-manga-sketch-pencil-lamy-safari-4
普段ラフや下書きに使用しているメカ鉛筆たちとサイズ比較
やはり太い。っていうかぽわーんって曖昧な感じのサイズ感(イミフ
多分この中で一番軽いんじゃないかな?軽さという点では優れてると思う。
※訂正追記 一番軽いのはフィックスペンシルでした...
20180626-girl-manga-sketch-pencil-lamy-safari-6
まぁ、実は某アジカンジャケレーターさんが使ってるペンシルということで、以前より興味はあったんですよね。
僕は結構感化されやすい人で()サファリペンシルを使えばあんなお洒落な構図やインスピレーションが湧くのでは!?と思い使ってみたかったのです。実際軽い軸で扱いやすかったです。
ラミーサファリシリーズの軸としては、初期からあるシャープペンシルなのですが、
個人的にはサファリというとやはり万年筆になってしまいますね。
使い勝手や使用用途も万年筆の方が高いのです。

勿論、落書きとかお絵描き専用でな()





っていうニューカマーねた


※大事なこと言い忘れてたので追記しました。









20170806-cafe-sketch
20170806 lamy safari,watercolor,canson sketchbook

茶屋ペンスケッチ&ガール練習らくがき
20170809-cafe-sketch
20170809 lamy safari,watercolor,canson sketchbook

茶屋ペンスケッチ&ガール練習らくがき(同じ店でマンネリ
20170808-8otto-unit
20170808 8otto presents 『One or Eight』8otto/FRONTIER BACKYARD

久しぶりに8ottoのライブ 8ottoの日は八月八日

20170808-8otto-unit-1
まーいっつもしょっぱなは飛ばし気味なんですけども
この日は、前見たより音ががっちり出てていい感じ(PAのおかげ?
メタ盛り上がって踊りすぎて足腰おかしい(おじさん
個人的には中盤くらいの新しい曲と、赤と黒がやっぱ8otto節聴いてていいな!
六年ぶりのニューアルバム出る様子。10/18らしい。
これは楽しみでしょうがないでしょ


っていう久八

いやまぶじっさいもんだい




20160820-cafe-draw-2
この角度の顔の描きかたで正面顔とは(じぶんでもよくわからん
20160819-0820-face-study
20160819-0820 face study
むっず
20160819-0820-face-study-3
むっず!!!
20160819-0820-face-study-2
じつは斜め顔も奥の瞳とか顎のラインのパースがおかしい(事に気付くと大変
20160820-cafe-draw-1
全て茶屋にて(寒い




エヌヤマメモ
20160820-my-pen-intuos3
世は既に液タブとかの時代だと思うのだけども、ウチはもう七年くらいずっとintuos3
そして七年ぶりくらいにグリップ回りを交換してみる
発端は、ペン芯をパスタで代用出来る!?っていうの見てしまって試したらとてもいい感じだった...のだが、あっという間に折れて、中で詰まってしまったのだった。良く考えれば当たり前である。というか随分昔にパスタは中で折れて詰まるから止めた方が良いですよというのを了解してたハズなんだけどもうなんていうか脳みそ最近おかしい
小一時間ほど詰まり撤去であーだこーだくみしてて、ついでに新しいグリップにした経緯。
今壊れたらぶっちゃけ新調する予算無いので困るのである。ヒット出すまでインチョスペンさんには頑張ってもらわないと...(お前ががんばれよって話かもしれん←


いやまぶじっさいもんだい





20160721-kemuri-boshi-journal
20160721 ケムリ星とは.../クールスモーキング タイムレコード()

ぴっこもしゃ子が降り立ったその星は!!!ケムリの星だった!!!
ビキニ星人にとっては煙にまつわる文化、フレグランスに始まり喫煙に至るまで既に五億年程前の古代に消滅した文化である。つまりケムリ星の様々な煙文化がぴっこともしゃ子には非現実的且つ原始的な行為に写るのである。
彼女達がこのけむりまみれの星を探索するには防煙装置が必要なのであった!!!←
ケムリ星 たばこ姫とか羅宇ちゃん21歳が住んでいる惑星


以下、Fxxkin日常ペンスケッチ(ふぅうううう
20160721-koiki-japanese-style-cigar
20160722 茶スケ(カフェスケッチともいうらしい)
煙管を初めて二週間が経ったのである...小粋という日本伝統の刻み葉を求める...
なんかそのまま、ふりかけとしてご飯と食べれそうな見た目で軽くカルチャーショッキング
20160721-0722-train-croquis
20160721 電スケ(美人クロッキー)/0722 煙管タイムレコード()

手巻き用のシャグを煙管、ペペリッチで三分四十七秒 あともう少し!(しらんがな
20160722-vintage-gas-lighter-silvermatch-peter
20160722 昭和のキッチュなガスライタージャーナル(ペンスケッチ)
20160722-cafe-sketch
茶屋でスケッチ

使ったもの
CANSONアートブックUNIVERSAL4x6inの手帳ノートに、プチ固形透明水彩セット、ラミーサファリ万年筆(プラチナカーボンブラック)にて



エヌヤマメモ(NEWSTUFF!!!
20160722-silvermatch-convertible-peter-gaslighters
久しぶりに金属製のガスライターを求める...可愛い子が二匹呼ばれた気がしてお持ち帰り...骨董屋なので中古だけどね。でもワンオーナーのコレみたいでとてもキレイ。
着火出来たけど色々不都合もあったりする。
黒いペンの子は火力調節壊れてて、巨大な火柱しか出ない()

良く解らなくて、帰宅してから検索。
海外のサイトで開け方を知る...
20160722-silvermatch-convertible-separate
1970s SilverMatch Convertible GAS LIGHTER

しかし、ガスのノズルが昔のフランス製のアレ系で適合しない...
ちょっとしか入らん...着火はキレイに炎が立ち上がった...
 
まー二匹で800だったからいいや...





っていうNEWSTUFFネタとタイムレコード(エェエ



いやまぶじっさいもんだい




 

20160720-kiseru-journal
20160720 煙管ジャーナル2
ヤヴァイ...
さいきん私の脳内を支配している、我が国伝統...いにしえの煙管文化
ジャパニーズクラシック!!!(カタカナにするとなんか新しい
スチームパンク!!!←言ってみたかった
20160719-cafe-sketch
20160719 茶スケ①
カフェスケッチともいうらしい
20160718-cafe-sketch-1
 20160718 茶スケ②(禁煙席でまったり)

なので、記事タイトルをいつもの茶スケからカフェスケッチへ←
 
CANSONアートブックユニバーサル4x6サイズの手帳ノートに、ラミーサファリ万年筆(プラチナカーボンブラック)、プチ固形透明水彩セットにて(トップ画像のみスタビロpoint88一部使用)

ふと、改めて思ったけどこのCANSONの手帳、否、ジャーナルノート...いやここはカイエで()
手記も勿論書いてる訳だけど万年筆と相性が超絶良い...淡彩着色も、ペラい紙に水彩なのに裏表描ける上にスキャンで歪み拾わない所も凄く不思議なんですけどコレはいったいぜんたい...どういう仕組みなの
もしかしたらフランス製の紙って一番良いのかね?決して高級紙じゃない紙なのにいろいろ捗る
本物の誰にも見せない日記は五年目でまだ無くならない(!?)チアックなんだけど、スケッチ絵日記やライフログ系に使おうとしたモレスキンのノートなんていうハイプ雑貨もいたけど既に忘却の彼方である...
もう余生、カイエはCANSON製品しか使わないことにするわ(すぐ感化される人




エヌヤマメモ
konyoukiseru
※国立国会図書館のデジタルアーカイブより抜粋拝借画像

いろいろネットサーフィン()で調べてたら葛飾北斎さんのこんな本が...
下記リンクから閲覧可能

【今様櫛[キセル]雛形】 

著者
葛飾北斎一世 画
出版者
藤屋宗兵衛
出版年月日
天保12 [1841年]


おもしろい...つうかそれよりも、北斎さんってホント絵うめぇ...
なんなのいったいぜんたい...
この時代に細字で丈夫なペン先があったら執拗に細かく肉筆したんだろうなぁ
筆で緻密に線画を描くんだから、絶対そうするに違いないって当たり前の事をぼんやりと妄想

20160720-kiseru
竹欲しい竹 

黒竹がいい...






いやまぶじっさいもんだい






 

20160717-elliott-riso-pen-journal
20160717 ELLIOTT THE IDEAL PEN

さてさて個人的に超絶久々のペンねた...
エリオット理想ペンというデスクペン???についてジャーナルノートっていうかペンスケッチ

つかったもの
CANSONアートブックユニバーサル4x6サイズの手帳ノートに、ラミーサファリ万年筆(プラチナカーボン)、透明水彩にて

この理想ペン、
ググりんぐしても、理想科学工業のデスクペンしかHITしないという...

未使用品だけど、軸尾パーツが...虫かネズミ???に喰われてる
最近使ってないけど一時期お気にだった大昔のつけペン軸も、お尻がこんな感じでボロボロだったの思い出す
いったいぜんたいなんなの...。
この素材...美味しいのかな...
20120630-dip-pen-holder
※過去ブログ画像 20120630 つけペン軸(低重心ペン軸)

話戻って、このエリオットの理想の万年筆
東京市で造られてるので、少なく見積もっても70年以上前のデスクペン?になるのかな

ってもうメンドくさいので付属説明書をうpしてこのネタ終わらせる(ぇええええ
20160717-elliott-riso-pen-manual-1
エリオット商会)説明書①
20160717-elliott-riso-pen-manual-2
エリオット商会)説明書②

北海道産のイルジーム!!!(イリジウムの事かと思われる)

美味しそう!!!!!!(違







エヌヤマメモ(※喫煙ネタなので20歳以下と嫌煙派はスルー推奨)
20160717-kiserus
古煙管(村田煙管のスタンダード???モデル)一番上の物体
20160717-murata-standard-kiseru-1
古物(中古300円)なのに全然詰まってなくって、アルコール洗浄しても汚れが出てこない...匂いも全然しない謎...
ごにょごにゅそんなこと繰り返してたら、竹の羅宇の表面の漆?ニス?が剥げてしまった...

いったいぜんたいなんなの...

20160717-murata-standard-kiseru-2
いやーしかし、古物で遠慮したい物の一つなんだけど(他、いくらレアだ珍しいっていっても、試着程度の現品限りならまだしも履き込んだ靴やスニーカーとかホントマジ無理)
ここ最近ずっと煙管に魅惑されてるので、匂いも全然しないし一応アルコール消毒したし...って事でシャグ詰めて呑んでみた...ドキドキしたw
トランペットとかサックスとかハーモニカの中古ってあるのかな?マウスピース変えるのかな?とか考えながら、咥えてみる←

なにこれ美味しい...喫味が煙管で変わるとは...

この竹部分、消耗品らしいけど
どの程度が交換時期なのだろうか(ってえらく経年した煙管だと思うんだけど
20160717-murata-standard-kiseru-2
更にポリッシュ...サイドにへこみがあるんだけど目立たなくなった気がする
あと羅宇のニス完全に剥離してライターで更にあぶって黒くしたつもり()



っていう
恐らく戦前昭和ネタを二つほど()



いやまぶじっさいもんだい





 

20160716-jonan-sketchers
20160716 電クロスケ
20160716-jonan-sketches-1
 201607150715 茶スケ&電クロ

ペンスケッチたのしい...
しかしこれ現実逃避なだけな気がしてしょうがない←


20160716-cafe-sketch-smoking
茶屋にて(キセリング




つかったもの
CANSONアートブックユニバーサル4x6の手帳ノートに、ラミーサファリ万年筆、プチ透明水彩セットにて。



 いやまぶじっさいもんだい




↑このページのトップヘ