えぬやまジャーナル

イラスト&スケッチお絵描き記録 DRAW OR DIE!!!

タグ:つけペン軸

20160717-elliott-riso-pen-journal
20160717 ELLIOTT THE IDEAL PEN

さてさて個人的に超絶久々のペンねた...
エリオット理想ペンというデスクペン???についてジャーナルノートっていうかペンスケッチ

つかったもの
CANSONアートブックユニバーサル4x6サイズの手帳ノートに、ラミーサファリ万年筆(プラチナカーボン)、透明水彩にて

この理想ペン、
ググりんぐしても、理想科学工業のデスクペンしかHITしないという...

未使用品だけど、軸尾パーツが...虫かネズミ???に喰われてる
最近使ってないけど一時期お気にだった大昔のつけペン軸も、お尻がこんな感じでボロボロだったの思い出す
いったいぜんたいなんなの...。
この素材...美味しいのかな...
20120630-dip-pen-holder
※過去ブログ画像 20120630 つけペン軸(低重心ペン軸)

話戻って、このエリオットの理想の万年筆
東京市で造られてるので、少なく見積もっても70年以上前のデスクペン?になるのかな

ってもうメンドくさいので付属説明書をうpしてこのネタ終わらせる(ぇええええ
20160717-elliott-riso-pen-manual-1
エリオット商会)説明書①
20160717-elliott-riso-pen-manual-2
エリオット商会)説明書②

北海道産のイルジーム!!!(イリジウムの事かと思われる)

美味しそう!!!!!!(違







エヌヤマメモ(※喫煙ネタなので20歳以下と嫌煙派はスルー推奨)
20160717-kiserus
古煙管(村田煙管のスタンダード???モデル)一番上の物体
20160717-murata-standard-kiseru-1
古物(中古300円)なのに全然詰まってなくって、アルコール洗浄しても汚れが出てこない...匂いも全然しない謎...
ごにょごにゅそんなこと繰り返してたら、竹の羅宇の表面の漆?ニス?が剥げてしまった...

いったいぜんたいなんなの...

20160717-murata-standard-kiseru-2
いやーしかし、古物で遠慮したい物の一つなんだけど(他、いくらレアだ珍しいっていっても、試着程度の現品限りならまだしも履き込んだ靴やスニーカーとかホントマジ無理)
ここ最近ずっと煙管に魅惑されてるので、匂いも全然しないし一応アルコール消毒したし...って事でシャグ詰めて呑んでみた...ドキドキしたw
トランペットとかサックスとかハーモニカの中古ってあるのかな?マウスピース変えるのかな?とか考えながら、咥えてみる←

なにこれ美味しい...喫味が煙管で変わるとは...

この竹部分、消耗品らしいけど
どの程度が交換時期なのだろうか(ってえらく経年した煙管だと思うんだけど
20160717-murata-standard-kiseru-2
更にポリッシュ...サイドにへこみがあるんだけど目立たなくなった気がする
あと羅宇のニス完全に剥離してライターで更にあぶって黒くしたつもり()



っていう
恐らく戦前昭和ネタを二つほど()



いやまぶじっさいもんだい





  ランキング参加してますので記事読んだらクリックしてください!!!
にほんブログ村 イラストブログ 今日描いたイラストへ

20160310-dippen-coffeshop-oc-sketch
20160310 オリキャラ・スケッチノート(つけペン練習
dip pen(nikko 357),watercolor,on a canson sketchbook

もう殆ど惰性の茶屋お絵描き(不思議と自宅で描くより捗るんだよコレが...
昨日に引き続き、つけペンを持ち運んでいたらしい...
20160310-dippingpen-coffeshop-1
 オリキャラの宇宙吸血族バンブーちゃん&宇宙コウモリのコーモくん←
20160310-dippingpen-coffeshop-2
 アンニュイもしゃ子(どこが)と、ぴっこさん

着色肉眼
20160310-dippingpen-coffeshop-3
つけペンでお絵描きはやっぱりイイよね...(楽しい


エヌヤマメモ
20160310-dippingpen-coffeshop-5
今回は、ブロンズ色のかぶらペン(ニッコーのさじペン・357番のスペシャル版?)を持ち運んでいた...
以前記事にもしたガラスペン用のこのペン軸、ニブ受けが金属タイプなのでかぶらペンが割と深くまで挿せる。ひっくり返せば、ちゃんとペン軸内部にも仕舞えるのでとても都合が良い。 
以前ユザワヤで見掛けた廉価な佐瀬工業所製、両用ガラスペン軸の方が頑丈そうで今更欲しいんだけど、かぶらペンは収納できないらしいので結果往オーライっていう感じかな。と自分に言い聞かせている()
20160310-dippingpen-coffeshop-6
茶屋お絵描きセット

鉛筆(芯ホルダー)と消しゴムとつけペンと水筆に固形透明水彩絵具。
僕のスケッチお絵描き程度なら、これだけあれば十分な気がするっていう...

いやまぶじっさいもんだい



  ランキング参加してますので記事読んだらクリックしてください!!!
にほんブログ村 イラストブログ 今日描いたイラストへ

20160309-coffeshop-dippen
20160309 茶屋お絵描き
dipping pen(brause 29ef/watercolor),watercolor,on a hahnemuhle travel journal

外出先...と言っても、相変わらず茶屋でのお絵描きである(惰性で行ってる気がしてならない
外でお絵描きするときって、スタビロのマーカーとか万年筆だのシャーペンだのごちゃごちゃいっぱい筆箱に入っててまぁそれはそれで文具ヲタっぽくて可愛らしいけど(は?
結構そういう道具ってかさ張る。カラーペンとか幾つあっても足りないくらいなのだけども、
今回はつけペンを持ち歩いていたのだ...インクは、いつも常備してるプチ水彩セットにて。
20160309-coffeshop-drawings-2
 海外の水彩絵描きさんの動画見てたら、フィールド用にキャップも無い古いウォーターマンの万年筆をつけペン代わりに使っていた。
あぁそういや...って感じで、数年前に某文具屋で寂しそうにしていたこの携帯用つけペン軸を思い出した。
ボールペンが普及していない時代には、このような携帯用ペン軸っていうのがアイデア商品的にあったらっすいぃ...
20160309-coffeshop-drawings-3
 描線が好みなのでブラウゼの指先型のペンにしたけど、念には念を入れてペン軸内部にはゼブラのGペンも忍ばせている...まぁ使わなかったけど。
携帯できるとして、問題はインクであった。
頭がっちがちな人なのでペン用インクにばかり気を取られていたのである。
20160309-coffeshop-drawings-5
 なんてことはなくって、プチ水彩セットを水筆で溶いた染料をdippingすれば良いだけであった...
これなら、青色もセピアも適当に引ける...
20160309-coffeshop-drawings-6
 ちゃんと上から水彩も塗れる...まぁいつものクイック簡単淡彩だけどもね。

20160309-coffeshop-drawings-7
 水彩用のカラー線画を模索していたのもあって、個人的にはすごい発見なのであった()

因みに、今回はこのアンティークなペン軸を試したかっただけってのもあってコレなんだけども
一般的な少し古めのセルロイド製のペン軸なんかは、柄を外せる物が大半なのでグリップ部分だけ持ち運べば同じように携帯出来るのです。

これならある程度日常使いできるような気がする。
ペンは万年筆より強弱付くし、やっぱりつけペンが最高な気がしますね...

っていう、つけペン(ペン軸)ネタ


参考にした水彩画家さんのYOUTUBE



いやまぶじっさいもんだい


  ランキング参加してますので記事読んだらクリックしてください!!!
にほんブログ村 イラストブログ 今日描いたイラストへ

このページのトップヘ