えぬやまジャーナル

お絵描き練習スケッチブック

タグ:カラー芯・ColorLeads

20161203-mosha-seijin-2
20161203 モッシャー族のガールちゃん()
fountain pen(pilot bamboo/carbon blk),mitsubishi7700 pencil lead(staedtler 48019),canson artbook

cansonアートブックに、三菱7700みずいろアタリ(マルスパンテクニコ芯ホルダー)にパイロットのバンブーにて。

超絶久々の更新である...ちょっとダラケてました(だめにんげん
丸一か月何もしていないきがする
なんかアナログお絵描きもただでさえ下手なのに劣化している気がするよ

まー更新するきっかけは、下書き...というか青鉛筆用の芯ホルダーが増えたから(ぇええ
三菱の水色鉛筆を使ってる訳で、短くなったら芯ホルダーに入れているのですが
色鉛筆芯、大体2.5㎜前後の芯を使う為に芯ホルダーを探していて、あーこれあったら最強だなーと思ってたステッドラーのヤツ。MARS PAN TECHNICOという3.15㎜まで使える芯ホルダー。
staedtler-mars-pan-technico-48019
Staedtler mars pan technico 48019 /ステッドラー・マルスパンテクニコ48019 
sketch:lamy safari(carbon blk),watercolor,flyingtiger sketchbook

もちろん今は製造してないので、求めやすいコヒノール5905にした経緯なんですけど。




Koh-i-noor 5905 ※アフィリエイト画像です()

江戸後期くらいの喫煙具って無いのかな~と出向いた先で(最近和物の骨董小物に興味があるのです)、たまたまジャンクのマルステクニコ数本まとめて300円だったので本来の目的とは違ったけど買うた。
全て本当にジャンクで(っていうか産業廃棄物状態)一本だけあんまり使ってない可動するヤツがいて...
ちょっとチャックの様子が他のと違ったのでもしやと思って青鉛筆芯入れたら噂の3㎜挿せるMARSパンテクニコだったという...
20180630-3mm-lead-pencils
パンテクニコって787だと思ってたんだけど、コレは昔の48019というモデルらしい。まぁ昔と言っても1960年代なので比較的最近の物だけどね。
メーカー刻印は、ステッドラーって本気で使ってると一年経たずにロゴの塗装剥がれるんで
まぁ納得なんですが...
コヒノール5905なんて三か月くらいでロゴの塗装消えた。まぁそういうもの。
ステッドラー782も、一年くらいで銀色落ちちゃったな。そういえば...
マイクログラフもそうだった...最初から塗らなきゃいいのに()
なので、これから僕ちんのぐりぐり指握り責めで酷使してあげようと思うのであった。

っていうか
最近、ちょっとお絵描き趣味方面から脱線していて...
まぁ多分寒くなってきたせいなんだけど(言い訳
他の趣味的な事に夢中になっていたので、描画神さまがきっかけを与えてくれたと本気で思っているのだ。
これいつも思うんだよね。なにかしらこういうことある。
オカルトじゃないけど、因果みたいのを感じる。馬鹿げた話に聞こえるかもだけど。

そして私は...
冬コミの原稿を今から始めるのであった(えぇええええええええええええ

今回はメイン活動の方の大人向け同人サークル名義なので...
このペンネームとは全く関係ないのだけれどもね




いやまぶじっさいもんだい



※絵のブログなのでスケッチ画像へ差し替えと一部記事追記しました☆

 

20160121-dirndl-pirate-picco-moshaco
20160121 ぴっこ・ザ・ディアンドルパイレーツ()
zebra brush pen,rotring tiku,marker,watercolor,on a canson sketchbook

久しぶりに民族衣装を研究(っていってもググる先生とWIKIで調べただけですが)
&スケッチャネリング侍

オリキャラぴっこともしゃ子に着せてみる...

その前のクロッキー
20160121-dirndl-sketch-2
20160121-dirndl-sketch-3
20160121-dirndl-sketch-1
all drawings/lamy safari fountain pen(platinum carbon),on a tiger sketchbook

ディアンドルかわいい...


20160121-mikaeribijin-sketch
見返り美人パイレーツ...(ググる画像スケッチ)
dip-pen(brause 29ef/kaimei-bokuju),on a canson sketchbook



エヌヤマメモ
20160121-mitsubishi-7700-8
三菱鉛筆の硬質色鉛筆7700番、水色が手持ちもう無くって
例の廃番騒ぎのおかげで買えない状態がずっとだったけど
ようやく尼でも定価で流通しだしたのでダース買い。
黄緑は3~4年近く前にダース買ったのまだ数本あるから余裕でしょ。


っていう覚え書き



いやまぶじっさいもんだい




20150911-0912-girl-boys-1
20150911-0912 ボーイ&ガール 漫画スケッチ(顔の練習
drawings/watercolor,fountainpen(pilot bamboo/rotring tintenkuli rapidograph),signo,mitsubishi 0.7 red lead,on a canson sketchbook spread page
先日朝練したガールズ顔のみスケッチ(左)と今宵のイケメン漫画スケッチ(右頁)。
20150911-0912-girl-boys-2
 ボーイ&ガールはこのお二方くらいである...(DQNカップル


エヌヤマメモ
人物スケッチ練習用のアタリに使い始めた赤芯、0.5のUNIカラーがやはりなんか薄い。
0.7の方が割と濃く出るのでこのスケッチもラミースクリブルに入れて下書き。
しかしシャープペンの0.7って芯が斜めに減り過ぎるので描き難い。
なのでクルトガの0.7㎜を赤用に求める。
IMG05635
※一発描きペンスケッチ画像(Lamy safari fountainpen/carbon ink)



これが一応廻っていい感じの描き心地になるのだけども太くなる()
その他、パイロットのフリクションいろえんぴつの赤を試してみた。

緑は以前試したので今回は赤なのだが割といい感じの描き心地。緑と同様薄かった。
ドライヤーで下書きを飛ばせるので、この二つを人物スケッチ練習用に暫く使うことにした。
鉛筆が一番使い易いけど、消せるのになると限られる。芯ホルダー用の2㎜で消せる赤芯作ってほしい。
スキャン用は飛ばしに黄緑鉛筆(三菱の硬質色鉛筆)か普通に黒鉛芯で描く。



いやまぶじっさいもんだい



 

20150828-picco-moshaco-drawings-1
20150828 劇画風・宇宙海賊ぴっこちゃん(&もしゃ子さん)オリキャラお絵描き
drawing/light wash(watercolor),fountainpen(pilot bamboo/rotring tintenkuli tiku/rapidograph/pigment ink),on a canson sketchbook 
劇画風オリキャラお絵描き
20150828-picco-moshaco-drawings-2
 髪の毛短い...オリキャラのぴっこ...(次回また伸びる)
20150828-picco-moshaco-drawings-3
 結局、漫画スケッチ用の下書きの赤芯...
UNIの0.7カラー芯を求めてしまう。20本入ってる...
でもなんか0.7ってカクカクして(方べり)描き難いけど我慢...(鉛筆買わないと
久々にラミースクリブルのシャープペンを使ってみた。


いやまぶじっさいもんだい


 

20150827-0828-red-colorlead-testdraw-1-1
20150828 赤系テスト 出演/オリキャラのぴっこちゃん
drawing/ fountainpen,rotring,colorlead(red),watercolor,on a canson sketchbook
もうね、画力とかどうもなんないんで、自分が描けるものを追及した方が良いと思うんですよ()

今回、気分を変えて下書きアタリに赤芯を使ってみた。

番外編
IMG05622
赤軸のぺんてるスマッシュとUNIの赤芯0.5㎜

 シャープペンの芯、ペンテル製AINの赤を以前試したのだけど
正直ぜんぜん使えない。薄い固いコレ何のためにあるの添削?絵用じゃないよね。
ってことでたった200円なんだけど酷く後悔していたの。
UNIの0.7青が結構良かったんで赤を買いに行ったら無いの。文具屋には絵に使えるものでかゆいところに手が届くようなものが意外と無い(だって文具屋だもの
でもUNIカラーの赤0.5がいたので使ってみた次第...一本20円もするんだぜ...
しかもさらさら柔らかいからあっという間に一本無くなるんだぜコレ...
オレンジ、青、水色、緑は持ってるのだけど赤は盲点だったという経緯。
なんかインスタなんかみてると海外の絵描きが結構赤ベースで下書きしてるので真似してみた。
万年筆で描くと若干インク弾くけど漫画スケッチ用に暫く使ってみる
(実際使う線画スキャン用は黄緑か水色鉛筆 三菱7700番)

いやまぶじっさいもんだい
 

 

20150807-face-study-1
20150807 face study 
drawing/graphite,on a tiger notebook
東洋人と西洋人のガール、顔の描き分けクイックスケッチ。

ディテール
20150807-face-study-2
 東洋人の癖に東洋人の顔描くの難しいってどういうことなんだろう...
不思議ワールドである...


番外編
20150807-nanodia-blue-lead-0
20150806 茶屋らくがき(テストドローイング)
drawing/graphite,on a tiger notebook
UNIのナノダイヤにカラー芯の0.7㎜なんてのがあったので購入してみた。ホルダーはステッドラーのマイクログラフFにて。
カラー芯は数年前に定番のミントブルーやオレンジにグリーン、ブルー、そして0.7㎜の水色とか試している。
UNIは0.5㎜のカラー芯をミンブル以外廃番にしてしまったけど、久々のカラー芯ということで関心があったのだ。
20150807-nanodia-blue-lead-1
柔らかな描き心地の芯で以前のUNI製カラー芯とはかなり違う。そしてなんと20本も入っている。
20150807-nanodia-blue-lead-2
しかし、これはどちらかというと筆記用かな...ブルーは少しマゼンタ入ってる?
黒鉛で重ねるとちょっと見難い。あとやっぱ0.7㎜だと太い、というか濁る(ポイントがずれる?)上手く言えないけど。って、あー...クルトガと一緒に使えってことなのかな。
やはり芯ホルダーの緑(ステッドラー)か鉛筆のきみどり(三菱7700番)が細く描けるし良いな...
と、書いてる時点で思い出した。シャープペンのカラー芯辞めて、きみどりの鉛筆芯にした経緯はコレであった...


日記)

先日は...広島関連のおえかきをしようとスケブを開いたけど
ぜんぜん描けなかった...原爆ドームが難しかったとかではない。
参考になるモチーフを探していたら、描く思考がどこかへ消えた。
いろいろ想像して結局白紙のままであった。
去年の今頃は、ゴジラと広島電鉄は描けたのに。
何かを伝えたりすることって、そんなに簡単じゃないなと思った。
 

という
明け方のブロッギングなう

いやまぶじっさいもんだい



 

20150724-colorpencil-gpen-study-1
20150724 線画れんしゅう /mitsubishi 7700-8,kuretake brush-pen,zebra G(kaimei-bokuju),color leads,on a fabriano rough sketchbook
色芯アタリ下書きにペン入れ練習...アタリだけだとやっぱり腕や指が描けん...
20150724-colorpencil-gpen-study-1-2
筆ペン

20150723-colorleads-1
 アタリ下書き /color leads(mitsubishi 7700 skyblue,worther 3.15mm color lead),on a fabriano sketchbook
前回から三菱鉛筆の硬質色鉛筆7700番の芯の有効活用をずっと模索してコイノーのホルダーに落ち着いたのだけど...
20150723-colorleads-2
 ラミー・スクリブルでも普通に使えるじゃんか(灯台下暗しとは正に...
fixpencil3でも実は使えるけど見た目が非常に悪く芯先が見づらいので、スクリブルも似た様なモンだろうなと試してすらいなかった。
20150723-colorleads-3
 2㎜の普通の芯ホルダーって、筆記用具というより建築現場で雑作業する用途(コンパネにマークしたり)で使い始めたボクですが
机上で使う...つまり画材・筆記用具として買った初めての3㎜芯ホルダーがこのスクリブルなんですけど(まだ5年程度、シンガポールのショップ通販で日本定価の半額以下だったのでシリーズまとめて買うた追憶)、ここ最近はfixpencil3に座を奪われて正直出番が減っていた...
20150723-colorleads-4
 流石に2.5㎜程度だとチャックが殆ど芯収納状態...
だけどfixpencil3よりは先端に段差がある分それほど見た目も悪くないし芯先の視認性もある。
スクリブラーな皆さんはご存じのとおり、
大まかな描画も勿論しやすいし、鉛筆握りで細かな描線も描ける...
20150723-colorleads-6
 色芯ズ
L to R:  lumochrom/mars technico 782,mitsubishi 7700/fixpencil3,mitsubishi 7700/lamy scribble,worther 3.15 lead/lamy scribble,mitsubishi 7700/koh-i-noor 5905;
カラー芯ホルダー候補の皆さん
WORTHERの青芯がさらさら描きやすいけど、消しゴムで消えにくい(というかルモクロムも消しにくいけど)のと単価高いのと国内では入手性が最悪で、それは結局ゴミに近いという意味になる。なので参考程度。
優れた製品というものは基本、その製品の性能に加え、気軽に誰でも普遍的に求めることが出来るものを指す事だと思っている(なんかコイツ偉そう


というわけで、硬質色鉛筆のホルダーはスクリブルとコイノーになりました(ふぅうん

番外編
コイノーのホルダー、重いのでガワを変えてみようと...
大昔現場で使ってたフエキの建築用芯ホルダーの抜け殻である...
フエキの中身は別の軸(トンボのヤツ)に入れてバッグに入れっぱなしです(非常用ペンシルとして。滅多に使わない。)
凄くカッコ悪いのでこれは諦める...なんか良い外軸ないかな...


いやまぶじっさいもんだい


 

20150714-pencil-test-drawings
20150714・0715 ペンシル線画お絵描きズ
graphite,on a moleskine palin notebook spread page
鉛筆熱は本当、止まらない(作画しろよ
現在使用している、ペンシル(黒鉛)いろいろでガールの顔のみ手癖フリードローイング。
線画を意識して...

hi-uniのBはとても滑らかで心地よいし、REXEL CUMBERLAND製のダーウェントスケッチングペンシルやダーウェントGRAPHICはさっぱりしててとても素晴らしい...だけど、線画に使うの勿体ない気がする...
画像は、あえて普通の紙面で比較ドローイング。スケブとノートでは勿論描き心地も色も濃淡の出方も違う。
つまり、ペンシルは紙で向き不向きが出る気がする(当たり前の話を偉そうにw

紙ノートは鉛筆のノリはそれほど良くない、モレスキン製のいつものお絵描きノート。
ペンシルは、HI-UNIのB/3B、ダーウェントブランドのスケッチングペンシル4B、同ブランドのGRAPHICのB/4Bといった、描画用のペンシル。
右ページは、一般向けのペンシル(芯含む)。安いのにカサカサさっぱりしていてナニゲに描き味が好みな、スタビロ製のExam288の2Bとothello282のB。そしてUNI☆STARのHBに、いつものシャープペン芯のUNIナノダイヤの0.3㎜2Bに、0.5㎜は同じくUNIの0.5㎜2B。そしてお気に入りのパイロットのグラファイト4B(いずれもホルダー軸はぺんてるスマッシュ)。
うちの鉛筆削り(電動)あんまり先が尖らないので、仕方なく芯研器のヤスリで尖らせる。
スタビロのothelloのHB試したいな...数年前に2BとB1ダース分買ってんだけどHBやHを意識したの実は最近なので全く購入動機も沸かなかった。
いやしかし、HI-UNIはあんまり紙選ばないっていうか、きっちり描線出る。
ちゃんとした鉛筆画やデッサン練習用にしたほうが良いのかもしれない(最近デッサンしてない
対局の描き味のダーウェント好きなんだけどハイユニと同じくらい値段貼るので、普通の大量に描くお絵描きには勿体ないかな。

っていうことはやはり選択肢として残るのは、UNI☆スターかスタビロの一般用...スタビロにしようかな()


 番外編(まだ続く
20150714-greenpencil-holder-1
 三菱鉛筆の7700番きみどり。ステッドラーの緑芯と併用しているアタリ用の鉛筆。
20150714-greenpencil-holder-2
割る(これ二回目
20150714-greenpencil-holder-3
 各芯の太さ見た目比較
上から7700番、HI-UNIのB、ステッドラーの緑芯(ルモクローム)、 一番下はUNIの芯ホルダー用芯のB。
勿論、2.3㎜入るようにチャック削った、サイボーグ鉛筆のfixpencil884にも入らない
(この緑芯での検証二回目

ステッドラールモクロームの緑、まとめて安く何ケースか以前求めてるんだけども資源には終わりがあるので
 使い続けるなら、7700番の有効活用を考えなくてはいけない←

 ということは...
やはりコヒノールの2.5㎜~3㎜咥えることが出来るアレが必要なのだろうか()
 
※アフェリエイト画像です(クリックしてね☆

でもコレ、多分ウチにいるコヒノールのホルダー(VERSATIL 5216)よりも重い気がするんだよな。
軽くて安いの無いかな...


という
気を紛らわすためのブロッギング(精神不安の時は画材ネタ多くなる


いやまぶじっさいもんだい

 ※追記
芯ホルダーねた⑥につづく..




 

20150205-name-plot-memomemo
20150205
ウェブ漫画の第三話のネームの冒頭の修正をしていたら、全く別の漫画の構想が浮かんでしまい
...といっても関連の話なのですけども、脱線してもう何日もそちらのプロットとネームを書いてるという...
余りにも話がまとまらないので、ネーム帳とは別にプロット用に(あらすじ箇条書き用)またしてもダイスキンを使い始める...漫画むずかしい...
でもちょっと新規ネタは置いといて本筋のコメディ漫画の第三話とメイン活動のCG作成にシフトしないと全部頓挫しそう←
20150206-name-plot-memomemo
leadholder(green lead),mechanical pencil(0.5/4B),on tiger notebook
いやホントもう五日ほどずっと、いったりきたり同じことしてる(ヤバい

20150204
外でネームのアタリ描くのに重宝している緑芯(ステッドラー)、最近物凄い減るのが早い...
緑鉛筆だと鉛筆削り持ち歩くの面倒だし削りかすが問題なんだよね。芯ホルダーは削り器小っちゃいしカスも小さいからどうしても芯ホルダーの方が便利。

20150205-ink-practice
20150205  つけペンと製図ペン練習.../ oleskine,nikko 357,rotring rapidograph0.1

文章とネームばかり描いていたのでアナログ練習らくがき。
一応瞳の中のれんしゅうらしい。0.3㎜のシャープペンシルでアタリつけてる。
ニッコーのニュームのかぶらペンに開明墨汁がやっぱシャープで気持ち良い。瞳の中とかは製図ペンの0.1㎜にて。ロットリングとつけペン練習にはいつもの”オレスキン”でキマリ()

20150207-journalnote
20150207 journal note / rotring 600 newton G,pentel ph158,tiger notebook
久々に画材売場へ...ぺんてるのマルチ8の海外版、PH158って型番で国内で売ってるけど
最近?プリズメイトと昔の名前を復活させて販売していることを知る。うちの旧型プリズメイトけっこうくたびれてきてる。プリズメイトとぺんてるが言うのなら、もう一本欲しい。何ていうかどうでもいい話なんだけど、僕、プリズメイトのファンだから(ぺんてるプリズメイト友の会

※ついでなので過去ブログ(2010年)に載せてた画像を再うp
プリズメイト1 (2)
ぺんてる プリズメイト マルチ8の元祖。

マルチ8はコレね。※アフィリエイト画像です()


1982年発売のプリズメイト。安かったので(2本で1本分ちょっと)予備も一応ある。
プリズメイト1 (1)
説明書
プリズメイト4
現行のプリズメイト(PH158)と旧プリズメイト比較画像
プリズメイト3
ノック部他微妙に違うけど一緒。
画像は使い始めた時なので、とてもきれいですw
因みにPH158の方は、スーパーソニックスケッチャネリングマルチ8-4+1仕様(ボールペン、HB、B、2B、4Bの黒鉛)にしてます←



という
個人的ジャーナル←

とにかく一頁も漫画のペン入れが進んでいない(三コマほどw

さて戻りんぐなう

いやまぶじっさいもんだい




78c7df2d
2009年3月  ※ほとんどピンボケです。モトの古い携帯で写メしてるから...

五年前...
それまではお絵描きなんて極たまに...ノートの端っこに描く程度だったのですが(消防~厨房時代を除く)
筆記具ヲタ視点で、以前のお絵かき用ペンシルと落書きを晒してみる...
消えたブログや記事に載せていた画像。

左から、ステッドラーの芯ホルダー、ぺんてるスマッシュの0.3㎜、コクヨの0.5㎜。
それまでの長年に於ける唯一の手持ちの、仕事以外でもまぁまぁ絵描きに使えそうなシャープペンたちを引っ張り出し、
どす黒い()野心に燃え練習していたころ←(なんていうか始めるの云10年遅い)
鉛筆ホルダーとか、極細シャープと呼んでた頃です。
他には職場の備品だったグラフレット500やピアニッシモなんかもよく使ってました。

同年八月頃
ステッドラーの金属製シャープペンシルが増える(staedtler 925-25/925-35
この時期はペンタブを持ってなかったので、線画はシャープペンシルでスキャンしてPSでマウス塗り。
なので線画用に同じものの芯径違いが増える。
何故コレかというと...とある漫画家の影響である←
このステッドラーを皮切りにステッドラー製品を意識する(消しゴムとテンプレート位しか知らなかった)
ついでに仕事用に使ってた芯ホルダーのメーカーがコレだと認識するに至る(刻印小さいし見ないじゃん普通

2009年
画材屋で出会った、同社のマイクログラフF(micrograph F)というのを使い始めたころ。500円セール品。
(今はどういうわけかもうボロボロに
※実はこれ二本目で一本目は、お絵かきしてたら中軸がお尻からぴょーんと飛んだ(しかも茶屋で。恥ずかしかった)昔のステッドラー製シャープペンは造りが結構チープ。

2010年ごろ 0.7ブーム(0.4mmブームもありました...)
0.7㎜をUNIカラー芯用に。
ラミースクリブルのシャープにもUNIのアタリ用青芯入れてた...(UNIは水色以外生産終了した様子
ペン入れはラミーサファリの万年筆というスタイル
スクリブルシリーズは国内で買うと高い。シンガポールのペンショップが2500円前後だったのででまとめて海外通販。


コレ以降、いろいろと製図用シャープペン等をアホみたいに買いまくって試しだす()
2009年後半に型落ちのペンタブを在庫一掃セールで入手、ソフトはSAIを導入したので、結構どうでも良くなったんだけど(ぇええ

結局いろいろ試した新旧製図用シャープペンは淘汰され、ほんとに自分に合った物だけが残りました。
っていうか、結局実際に下書き用途やラフでフル稼働してるのは、最初に使ってた(後にブランド名が判明した)ぺんてる製のスマッシュのシリーズやステッドラー製の芯ホルダーです()
それらに、昨年から使い始めたfixpencilが加わったくらい。←上手く描けないので道具に依存する派



鉛筆画やスケッチ練習等に使うペンシル(割と適当

ちゃんと絵を意識して描くときはやはり鉛筆が一番描き易い。
一番上のGeneral's CHARCOAL 557-4B softは黒鉛ではなくってチャコールなので
ちょっと違うかもしれない。シャープペン(芯)との決定的な違いは様々な種類の黒鉛と硬度芯があるということ。
前述のチャコールや水溶性黒鉛なんてのはシャープペンでは不可能であり、通常の黒鉛でもシャープ芯の書き味は木軸鉛筆のそれより劣っている。

普段使用しているのは、
Mitsubishi UNI/HI-UNI
Rexel Cumberland Derwent Sketching Pencil(4B)
Derwent Graphic(B,4B,9B)
EBONY Pencil
しかし3㎜や2㎜芯ホルダーと併用する事が多い(良い鉛筆常用するとお金掛かるので←
お気に入りはダーウェントブランドの鉛筆なのだけども、

※↑アフィリエイト画像です
ハイユニの芯と比較するとダーウェントってなんかさっぱりしてる気がする。
スタビロの鉛筆は可愛いし安いから使ってるだけで特に意味は無いという...othelloは硬度いろいろあるから割と使えるかも。(カサカサしてる


現在愛用しているMECH
ペンによるスケッチ画像(ロットリング)
※2015追記画像
20150313-pensketch-pencils
ペン描きの下書き&スケッチ用ペンシル


■staedtler marstechnico 782(uni B)
これは二本目で2年前から使用。一本目は大昔に頂いた物で(お古)多分60年代物?少し太さとバランスが違う。
staedtler_782_leadholder_3
今使ってるのは定価700円がセールで500円だったので買うたヤツで、
重いキャップ(削り器いらない)を取ってから滅法使い易くなったのでコレばかり。
780の出番がここ数年全くない...
 
■Mitsbishi 7700-5
緑鉛筆がアタリに良い事に気付いてから緑愛好家に(三菱鉛筆 硬質色鉛筆7700番)

fixpencil 884(staedtler lumochrom green)
去年の始め辺りから使用。fixpencil22のスクール版(ジュニアライン)。今はルモクローム緑芯専用。出先でスキャン用下書き描くとき都合良い。他の人からは見え難いから。

■fixpencil 22(uni HB)
正に鉛筆。アタリから鉛筆画やデッサン練習までフル稼働
初めて買うたフィックスペンシル22はマーブルだった...(普通に黒買えば良かった
鉛筆型だと、サンスターのシャーピッツも時々使う。学研のサムホルダーも鉛筆型で軽くて良いんだけど、専用の芯(2㎜ちょっとある)じゃないと上手く動作しないので三軍くらい。

fixpencil 3(faber-castell 3.15mm 6B/丸善美術 3mm 4B)
1年ちょい使用。3㎜は素描やらくがきや筆記にラミー・スクリブルを4年程使ってるのだけどコレはちゃんとした鉛筆画練習や下書きアタリにも使える。22よりも使用頻度が高いかも。3の方が六角のエッジが丸くて持ちやすい。 22も3も鉛筆そのものの形で何処を持っても使いやすく、先端の傾斜も鉛筆そのものであり、此処を握って立たせて描くにも都合が良い。

pentel person's collectionpq6 /smash grip&push button(uni B~pilot 4B)
ネットショップで300円と激安在庫放出してたので購入。すぐにスマッシュのパーツを取り寄せて入れ替え。(※追記 ぺんてるスマッシュのグリップは六角形で疑似的に面が形成されてるので太目の鉛筆軸のようでとても握りやすい※)5年近く使用。この0.5㎜のパーソンズとスマッシュ0.3㎜を一番よく使ってるかも。ぺんてるのpq6が一番お気に入り(ダサ可愛い

pentel smash0.3mm(uni 2B or B)
お絵描きする前は時々使う位だった。トータルでもう16年ちょい使ってると思う。塗装も剥がれてこないタフなヤツ...2度ほど先端のパイプも曲げてるけど直るw3度目はアウトかも。でも時々怪しい動きする様になったのと、ゴムはもうぺったんこでグリップがあんまり無いので新調したのも使ってる。


smash0.5mm (uni B~pilot 4B)
去年の2月から使用。ぺんてるスマッシの2013年海外限定(韓国限定。正規じゃなく輸入代理店の別注かも?もしかしたら偽物?バーコードの国番号が怪しすぎるブツ。因みに2011年復刻は日本のバーコードだった。)モデル。ebayは割高でセラーは韓国の業者のみだったので、ネット翻訳頼りに韓国のオンラインモールにて通販。1200円位で日本の定価より少し高いけどまとめて全色と予備も買ってしまった物。ピンクと赤がお気に入り※他グレー軸(これは2012年にebayにて購入。2011年頃の韓国限定復刻カラー。他に青軸や緑灰軸も復刻された)に4B入れて使用。因みに今年2014年限定のメタリックカラーシリーズも同じ韓国の限定である。というかぺんてるの限定や復刻系は韓国の輸入代理店がらみが殆どの様な気がする。
ふと、現行スマッシュって実は国外生産なのでは無いかと思ってしまう出来事であった。
※スマッシュは2005年ごろ0.5㎜も一度生産終了していると思われる。今の型は新規か修正キャスト。組み立て以外はもしかしたら海外工場製かもしれない。天津かタイのような気がする(推測

老い先は短い、もうこれ等で変わることはないでしょう←


そうそう
お絵描きれんしゅうも相変わらずです(ふぅううううう




※記事数稼ぎで同じようなネタ投稿しましたw






↑このページのトップヘ