えぬやまジャーナル

お絵描き練習スケッチブック

タグ:画材

20181020-silverpoint-carandache-fixpencil884
20181020 ガール、フェイスすたでぃ
drawing:Silverpoint(2mm),gesso on sketch paper/ Stillman&birn alpha sketchbook

どーじん原稿作業合間の息抜きお絵描き
久しぶりのシルバーポイント・銀筆にて。

お絵描きしたいけど時間がヤバいので最近描いてない。


さてさて、本日到着の銀丸線2㎜
20181020-silverpoint-marstechnico782
描画に使えるように伸ばして研いで調整。芯ホルダーに(銀ホルダー状態

0.5㎜の銀筆よりも、当たり前だけど描きやすい☆
10㎝も多分必要無いので二分割してホルダー分けれるかも(そんなに要るのかよ


その他個人的メモ
20181020-newstuff-drawing-supplies
ここ最近の購入品
近所のスーパーの文具売り場の一角がちょっとした画材コーナーに!
そこでポイント購入した、お初のあかしや筆ペンと呉竹ZIG Cartoonistの"マンガカ"ミリペン。
他、必要無いんだけど可愛いので買った二本、ステッドラー・ルナ0.5とぺんてるの0.3㎜。

20181008-dippingpen-carandache114-holder
20181008 KAIMEI Bokuju,zebra "G" NIB and caran d'ache penholder 114,on a canson artbook ONE sketchbook

カランダッシュのペンホルダーを導入...ゼブラGにて。個人的にはとても描きにくい。
※つうか、お気にのニブのカブラペンやブラウゼ指先ペン(29EF)が上手く挿せない(!
手持ちのカリグラフィニブ含めて今度記事にする予定。※数年カリグラフィ練習してない。


20181009-mitsubishi-graphite-uchida-proeraser
20181009 L to R/ staedtler mars rasor 527 30,uchida proeraser(tombow mono),proeraser(mitsubishi 6B graphite lead)

普段使ってるペン型消しゴムホルダー。一番右のウチダ製プロイレイザーの再利用。
最初に使ってた左端のステッドラー製ホルダーは酷使するとガバガバになりやすく(消しゴム本体は良く消えるし優れてる)、爆安投げ売り品三本で一本分ちょいの値段でしかもメタル製という事でウチダ製にしたのだけども、ハズレ品だったみたいで半年経たずに調子悪くなった。この個体だけバネが強すぎるのかホールド口内部の成型バリのせいなのかチャック(クラッチ)に傷溝が付いてしまい、それが原因で酷く耳障りな音を出す(ぎーぎー本当にうるさい)&クラッチの戻りが悪い。
※消しゴムホルダーは鉛筆よりもクラッチ動作を頻繁にするのでマジで話にならないレベル。
なので真ん中の正常なプロイレイザーに換えて長年使ってる。中身は100均で買えるモノノック3.8㎜。
このハズレ品に三菱硬筆写書用鉛筆の残り芯を...ベストな芯径だった。
実は過去、パイロットのクロッキー鉛筆芯の4㎜を買って試したことがあった。ツルツル滑ってホールド出来なかったのである。クロッキーや鉛筆画練習用に使おうと思う。

※追記 消しゴムホルダーは顔の目だけ消したり髪の線を消したりとか細いと楽だから使ってる。それに最後まで使い切りやすい。画像のウチダを使ってるのはクラッチ式でホールドがしっかりしてるという点だけ。モノ3.8㎜消しゴムは無いよりあったほうがマシなくらいで大した消し性能じゃないんだよね。普通の消しゴムほど消えない。普通の消しゴムはエアーインを贔屓にしてる。その前はOMNI1だったけど売り場で見なくなった。実は僕はMONO消しゴムが本当に嫌いで最後に買ったのは大昔である。大事なレアCDのケースやプラスチック製玩具にヤツのケシカスがへばりついて穴を開けていたのを見た時以来プチ不買している()あぁそうそう、ペン型消しゴムはいろいろ試してて、ゼブラのドラフィックス、ぺんてるアインクリックや他ぺんてる製ホルダーに三菱ノック消しゴムとか紙巻き消しゴムや、まとまるくんスティック型他いろいろ。クラッチ付いてないノック式はダメだね~使えない。アインクリックはクラッチホールドと消し性能が良いけどサイズ形状がな~。いろいろ消去法でこれになっただけである。ヒノデワシのペン型消しゴムが最高らしいのでつかってみたい。
※おわり

ペン立ての肥やしが再び日の目を見た瞬間である(大げさすぎ


っていう備忘録


あと14ページのカラーリングと背景塗りこみでフィニッシュだ!
2日で完成させる(でないとしぬ



いやまぶじっさいもんだい





20180808-pencil-carandache-technograph-drawing-1
20180808 college girl on mars
drawing: graphite/caran d'ache technograph 4B/6B/3mm,fixpencil3/technograph lead 3B,stabilo point88,canson artbook one sketchbook

火星の女子大生、鉛筆スケッチ...
前回の火星の若妻ちゃんの妹らしい(ふぅううぅううう


正面顔の練習です
耳の位置がおかしい...(今気づく
あと身体も...(全部じゃねぇか

20180808-pencil-carandache-technograph-drawing-2
使った鉛筆:カランダッシュ・テクノグラフ777/4B/6B、テクノグラフ6377/3㎜3B(フィックスペン3)

テクノグラフの描き味がヤバい。凄く良い。
黄色い軸もレトロな昔ながらの鉛筆って感じで好きになりそう。
※購入したのは数年前です...

いやまぶじっさいもんだい

※画材ネタ今後一切もうやめます (本文修正しました








20180804-graphite-staedtler-mars-carbon-leads-1
20180804 pencil study(doodle

鉛筆のれんしゅう...とか
デジ同人の原稿終わってないのに実際やってる場合じゃないんだけど
描きたいんだから仕方ない(自問自答

ここ数日、ステッドラーのグラファイトの色が気になって気になって仕方なくて
使ったこと無い硬度の芯を求めてみる。
多分これ銀筆少しかじった時からで、シルバーポイントの色とステッドラーの色味ってなんか似てるから気になり始めたのかもしれない。それまでそれほど気にならなかったから間違いない。
あとなんか絵が上手くなるんじゃないかっていう期待とか()

20180804-graphite-staedtler-mars-carbon-leads
stadetler mars carbon 2mm graphite lead  /H/ 4B

とりあえず、Hと4Bをポチった。



現行の芯ホルダー替え芯ってマルスカーボンって名前で硬度の種類少ないのね。いつ変わったんだろ。
ウッド鉛筆のルモグラフと混同するからマルスカーボンになったのかな。でも今度はルモグラフカーボンと間違えそうだよね。わけがわからないよね。
今まで使ってる緑のルモクロームやBとか2Hに6Hのルモグラフは文具屋で買ってるんだけど、古い在庫なんだな~...()
20180804-graphite-staedtler-mars-carbon-leadholders
いつものホルダーに4B入れてみる。キャップも付け替え☆
以前使ってた(20年ほど前に買ったマイ・ファースト・芯ホルダー※って書いたけど仕事で貰ったフエキ製赤芯ホルダーが実際のファーストホルダーだったの忘れてたつうか忘れたいえぇええ。とある一時期の筆記具、油性チョークとホルダー、赤芯ホルダー、マッキー極太、ステッドラーの使い捨てBPと測量手帳)マルステクニコの780も引っ張り出す。クリップも付けてあげる。
※尚、結局使わなかった模様
(この芯ホルダー現場で使ってたからなんか絵描くの嫌なんだよね

その前に、
20180804-graphite-fixpencil-hiuni-4b
フィックスペンシルに入れてたトンボ佐藤MONO4Bはやっぱ少し粉っぽいから止めて
ハイユニ(Hi-Uni)の4Bに交換している。
20180804-graphite-staedtler-mars-carbon-leads-3
ハイユニ4Bと、今回求めたステッドラーの芯ホルダー用マルス4Bの比較
画面下のガールはフィックスペンに入れてるステッドラーBと、これまた今回求めたステッドラーのH。上と色が違ってて面白い。つうかステッドラーの黒鉛って重ねても綺麗になじむのね。っていうかHが良い感じ。Hさいこう。
20180804-graphite-staedtler-mars-carbon-leads-4
ハイユニの方がなんか茶色っぽい。おもしろーい。


ステッドラーの芯ってBより濃いの使った事無かったから新鮮。
次回はルモグラフ鉛筆の8Bとか試したい。
ってゆーか、老舗鉛筆屋の看板は伊達じゃないんだな~と改めて思ってしまった。

20180804-graphite-staedtler-mars-carbon-leads-2
ついでに二か月前のツイッターに上げた落書き(ツイッタまた辞めたので)



いやまぶじっさいもんだい





20180725-metalpoint-silverpoint-copper-point-2
20180725 copper,silver,metal point drawing test
silver point(0.5mm/muji mechanical pencil),copper point(0.9mm/staedtler 925 95 09),gesso on a sketchbook paper(stillman&birn alpha)

黒鉛...
つまり鉛筆って人類史上凄い発見と発明だったんだろうな~と改めて感じた今回のお絵描き。
銀筆という、黒鉛そのものがまだ発明されていなかった時代の画材を使ってみる。
20180725-new-stuffs
ワイヤーマニア()ついでに練りゴムを新調(記事に関係なし
20180725-first-draw-silverpoint-mechanicalpencil-muji
20180725  最初の銀筆落書きはレシートに(多分描けるんだろうな思ったら描けた)

ホントは、鉛筆芯くらいの太さの物が欲しかったけど近場の店舗では売ってない。
いずれネットショップで入手したい。

使ってみた感じは...
20180725-metalpoint-silverpoint-copper-point-1
この銀筆っていうか、銀の他様々な金属尖筆をメタルポイントっていうらしいんだけど
銀と銅を0.5㎜と0.9㎜のシャープペンで試してみた。銅の方が銀よりも比較的楽に描ける。
銀は径が細すぎたのと筆跡が薄くて難しい。
銀煙管のメンテで燻し銀とかたまにやるんだけど、銀筆描画も硫化させれば濃くなるよね?
硫化や酸化させながら描けば良いような気がする。
次回試してみようと思う。
黒鉛と違い失敗しても消すことが出来ないけど(紙面削れば消えるけど)、まーペン画も似たようなもんだし良いかもしれない。

つうかメタルポイントたのしい



いやまぶじっさいもんだい





20180719-kuretake-facial-fis-12cl-1
20180719 Kuretake Facial Fis 12color set
Sketches: LAMY SAFARI FountainPen(carbon blk),kuretake facial fis,Stillman&Birn ALPHA Sketchbook

確か...買ったのは一昨年だったか...呉竹の顔彩絵の具「フィス」。

※アマゾン アフィリエイト画像です

絵はがきとZIGドローイングペン0.3㎜(ZIGのミリペンは一時期お気に入りだった)

が同梱されたお買い得?な12色セット。

20180719-kuretake-facial-fis-12cl-2
試し塗り用線画っていうかスケッチは、いつものサファリ万年筆(なんか勿体なくてZIG使ってないエェ)
ズボンウサギ(オレンジ色の物体)の彩色だけ常備のプチ水彩セットから。他全て呉竹フィス。
あぁそうだ...呉竹っていえば、いつもスケッチにさっと水彩乗せてる水筆が呉竹製でした。
 
ぺんてるから乗り替えて以来呉竹しか使ってない。

顔彩ってイマイチどんなものなのかまだ把握してない。元々は日本画の岩絵の具の下地につかう絵具らしい。
あと色が違うのかな?ちょっとよく判らない。
お気軽セットの顔彩なんだけど、普段使ってる透明水彩より発色が鮮やかな気がするんだけど...
単にうちの水彩絵具、パレットの中で色が混色してるだけだからなのかは不明。
20180719-kuretake-facial-fis-12cl-3
初めて使う画材っていうのはなんかモチベがあがるよね。
色も綺麗で可愛いし。

まぁ、でもでも絵はがきは描かないけど←



いやまぶじっさいもんだい





20180630-smokinggirls
smoking girls    Derwent graphic 4B(fixpencil 3),flying tiger notebook

ダーウェントのグラフィックペンシル(フィックスペンシル)にてSmoking girlちゃん

3㎜芯ホルダーを愛用していると直面するのが、替え芯の選択肢の少なさである。
本来ちゃんとカランダッシュのテクノグラフ芯を使えばベストなんだけど高い...
まぁ大体納得してフィックスペンシルで使ってるのが、
3mmの丸善美術(サムホルダースリム用)と3.15mmのファーバーカステルなのだけども
描き味が同じベクトルなので時々すごく気になるときがあるのです。
クロッキーとかデッサンにはベストな色なんだけど。

ファーバーカステル 3.15mm芯ホルダー替え芯(今は4B使ってる)
※画像はアフィリエイトです。

つまり、線画の下書きでも応用出来るもうちょっとさっぱりした芯が欲しいのです。
経験だと、ラミーの4B芯とフィックスペンシルに元から入ってるカランダッシュ製の芯(テクノグラフ)は実にさっぱりさらさらしていて描画しやすい(固いともいう

ラミー 3.15㎜替え芯※画像はアフィリエイトです

多分図案や絵描き向けなんだとマジで思う。でもでも、この二社の替え芯高い。
まぁカランの替え芯が描き味凄く良いので、買って使ってみても良いかもだけどちょっとね。
画力や技量と伴ってないのに高価な黒鉛ってのもクールじゃないよね。
※追記 
って数年思ってたけど描線が綺麗に出るテクノグラフ芯を導入 (未来記事リンク)
追記終わり※



恒例の鉛筆割り
20180629-3mm-lead-pencil-derwent-graphic-4b-2
ダーウェント グラフィックペンシル 4B

鉛筆で一番お気に入りのダーウェント。



この鉛筆ってなんかラミー4Bとかと同じ傾向の描き味。
じつにさっぱりしてる。スゴイ好き。そろそろ買いに出かけなくてはいけない。
20180629-3mm-lead-pencil-derwent-graphic-4b-3
このグラフィックペンシルの芯がフィックスペンシルで使えたらな~、と捌く()
20180629-3mm-lead-pencil-derwent-graphic-4b-5
しかし...ちょっと特殊な黒鉛なのだろうか...柔い...
捌いたら折れてしまった...この辺、国産の鉛筆って丈夫なんだな...と...
学童用・事務用と画材用でその辺意識も違うのだろうね。
あと黒鉛芯単体で使う事想定してないから、当たり前の結果といえばそうなんだけど。
20180629-3mm-lead-pencil-derwent-graphic-4b-1
いやしかし、グラフィックペンシルの描き心地好きだわ。

ダーウェントは替え芯を出すべきだと思う。
って思ったけど結局ラミーくらいに高くなりそうな気もする。



っていう、消費財記録


いやまぶじっさいもんだい






20170821-canson-artbook-one-notebook-1
CANSON ART BOOK ONE  5,5in×8.5in 100g/m2 195p Made in France

キャンソン・ワン・アートブック(メーカーサイト)
推奨画材:鉛筆、パステル、木炭、フェルトペン
その他の用途:ノートやメモ帳として。
※メーカーサイトより抜粋
20170821-canson-artbook-one-notebook-2
今回もサイズはハーフレターサイズ(A5スリム?)。
紙は無酸紙・100g/m2で196頁・98枚綴り(北米ベーシック版は216頁108枚で96g)

今使ってる人物デッサンとかオリキャラのスケッチ用ノート、CANSON製のベーシックノートなんだけど今回は本国版?CANSONのARTBOOK ONEというノート(スケッチブック)
アートブックUNIVERSALというモデルはメモ帳兼スケッチノートとして使って、つい先日使い終わったばかり。

今回のはCANSON本国、フランス製のスケッチノート。そのまんま、カイエかもしれない...
因みにイタリア製本のONEもあるのでグローバル企業は訳わからん。

20170821-canson-artbook-one-notebook-3
ハードカバーがファブリック風。今使ってる米国版はクラシックタイプに良くある型押しレザー風。
20170821-canson-artbook-one-notebook-4
ユーロ?CANSONだとブランドロゴの遊び紙(見返し)が付いてる。
なので一ページ目は実質二ページ目からである。
20170821-canson-artbook-one-notebook-9
そして、表四部分のカバーには型押しのブランドロゴが無い。
20170821-canson-artbook-one-notebook-5
糸綴じ部分はとても綺麗に作られてる。
でもでも、勿論普通の製本なのでフラットに開くには自分で「癖」を付けてあげないと上手くノートは開かない。
頑丈だから、ぐいぐいと折り曲げて拡げてあげることにする。

※201809追記 
canson-notebooks
残念ながらこのONEブックはレイフラットに見開けないことが判明。
まぁ見開きで描かずに一ページ単位で描く分には全く問題無いけども。
UNIVERSALは完全レイフラット。米ベーシックも折り曲げればほぼフラットで見開ける。
まぁ、スキャンしないならこのフラットにってのは特に問題ないんだよね実は()
※追記おわり


ペーパー試し描き
20170821-canson-artbook-one-notebook-6
まだ本チャンで使う時期じゃないし勿体ないので()見返しと噛む1ページ目に...←相変わらずせこい

使用したもの
  • 万年筆/ラミーサファリ・EF/M(プラチナ万年筆 カーボンブラック)
  • ゼブラ 筆サイン 極細 
  • 三菱UNI プロッキー 
  • ステッドラー ピグメントライナー0.2㎜ 
  • 三菱シグノ 0.28㎜
  • ぺんてる うす墨 筆ペン
  • ロットリング・ティンテンクリ・TIKU(バリアントニブ0.2㎜/プラチナ カーボン)
  • 固形透明水彩(ホルベイン/ラウニー/コットマン)/呉竹 水筆(小)
  • 鉛筆(ファーバーカステル3.15㎜4B/0.3㎜のナノダイヤ2B)

体感的には、同ブランドのアートブックUNIVERSALと同じ感じの紙のような...
水彩を使う紙では無いのだけれども、それほど沈まず色も混ざるし発色が良い。
米国製アートブック(ベーシックスケッチブック)はかなり早く沈むから違いが判る。
※本来は水彩用のノートでは無く黒鉛とかのスケッチデッサン用です。念のため。
鉛筆のノリもフランス製の方が良いかもっていうか、ザラツキとかノリが体感的に違う。
まぁ一長一短ってヤツで、ユニバーサルもそうだったけど紙が薄く感じる。
20170821-canson-artbook-one-notebook-8
顔料だからインクが突き抜けることはまず無いんだけども、薄っすら見える。
水彩も抜けはしないけど、結構丸見え...
※でも裏表普通に描けます()

ちな、米国製ベーシックスケッチブック
20170821-canson-sketchbook-1
このノートの紙はグラファイト用?で彩色するとかなり彩度落ちたり、早く沈むし滲むんだけど...
薄いくせにタフで裏表普通に簡単水彩まで描ける。けどとにかく水彩の染み込みが早すぎ。
今回のONE・アートブックの方がきめ細かい表面で繊維が詰まった感じで割と水彩乗せる自由度がまぁまぁあるってかんじ。
※でも本来は水彩用のノートでは無く黒鉛とかのドライメディア用です。大事な事なので二回()

同じ系列のブランドでも生産国ごとに仕様が違ってて割と興味深い(ふりをしてみる

今のがあと9枚で終了だから~、次はこれを使います。
因みに手帳サイズは暫く要らないかも。ハーフレターサイズだからメモ帳だとデカいけど...あちこちバラでノートするともう分けわからなくなるからスケッチも制作メモも全部一緒が近道だなと...

意義がある使い道が出来たらベストだなぁ...



っていう、新しいスケッチノートのギフトねた


いやまぶじっさいもんだい





20160820-0825-gedess-lead-sharpener-dx3260-journal
20160825/0820 カフェスケッチ&NEWSTUFFジャーナル
四日ほどペンスケッチしてない
20160820-jonan-sketch-1
 20160820 ペペリッチの缶 買いに行く()



エヌヤマメモ(NEWSTUFF!!!
20160825-gedess-lead-sharpener-dx3260-journal-2
 Gedess lead sharpener /DUX 3260 リードシャープナー(standardgraph)

さてさて...遂に念願の(半分本当)芯研器を導入してしまう...


一年ちょっと前からずっと欲しかった子である。呟き見たら三年前からだったw
理由は2㎜以上の芯を研げるから。
あぁ、あとレトロなフューチャリスティックだから。宇宙海賊だし(エ

すごい簡素な造りでちっちゃい!あと値段おかしい(高すぎるだろ
でも買って良かった...個人的用途では凄い使える奴。
尼は少し安い。ユーロでは2000円くらいなので+送料推測って考えて国内で買うって計算してプア脳を納得させた経緯()

オリジナルは1944年?初期はベークライト製?カラーもブラウンとかあったらしい。
ドイツのDUXブランドになったのはいつなのかしら。
コヒノールの販路だと、青いのいる...型番と名前も違う...

20160825-gedess-lead-sharpener-dx3260-testing
 シャープナー 試し研ぎ

一番上の2㎜は、今まで使ってるベロール・ターコイズ17芯研器。
正直言って、ベロールやステッドラー502の方が凄くシャープに(刺せるくらいに)研げる。
他はDX3260(GEDESS)で研いだ芯。
まぁかなり大昔の設計?っていうかシーラカンスみたいな芯研器なので、後発の芯研器には敵わないのは一応予想してたから全然オッケ()
お絵描きスケッチ用では何ら問題ないレベルの研ぎである...
ベロールもステッドラー925-25(35)-20の芯ホルダーを研ぐ事が出来たけど、GEDESSも余裕である。
私が実用してる芯ホルダー、fixpencil、ステッドラー、ウチダ・ドローイングホルダーDとか全部使える。
ラミースクリブルさんは...まぁ無理だよねデブだから...
特筆すべきは3.15㎜の研ぎ具合。
角度が実に良い感じなのであった...はぁはぁはぁはl(ぇえええ
201608-gedess-lead-pointer-kum-sharpner
Faber-Castell Leads TK9071 with FIXPENCIL 3
※0828追記画像
3㎜~3.15㎜芯研器、KUMのAUTOMATICと削り角度等比較
DX3260は砂ヤスリ(サンドブラスト加工?)なので研ぎ表面はザラザラ。
でも好みの細長い角度で削れるのである。

※あー訂正追記

20160828-gedess-lead-pointer-testing-2
差込口に芯を挿す(出す)長さで削り角度と鋭さが変わる事に気付いたのだった。
上の画像は約10㎜ちょっと出して研いだ結果。表面粗いのはアレだけど、3.15㎜が凄い尖る!
※追記おわり

※0831更に追記画像(ぇええ
gedess-dx3260-fixpencil-884-2mm-testing
なんと、2㎜芯の残芯がこんなになっても研げる。
これは素晴らしい...尖った残芯1㎝未満の世界
ベロール・ターコイズ17でもステッドラー502でも、携帯用の芯研器でさえも不可能な事である...
紙ヤスリ付いてるKUMのAUTOMATICは可能だけど()

※0903更に更に追記画像()
201609-gedess-dx3260-testing
ファーバーカステル3.15㎜も尖った残芯これくらいまで出来る...
201609-gedess-dx3260-testing-1
この状態だとFIXPENCIL3のシェイプがまんま鉛筆になって良い感じ。
チャックが沈むから多分掴んでるとこの芯径3㎜くらい
横の鉛筆はダーウェント・グラフィックとカランダッシュ・テクノグラフ。


内臓ヤスリ、どれくらい持つのかちょっと心配ではある※単に粒状の突起で塗装されてるだけなのだ...
(替えヤスリパーツ、海外ショップにあるけど18ドルとかするwwwおかしいw売れてないだろコレ絶対w

※201810追記
内部のヤスリのリングパーツ、掃除した時気づいたけど、リングの上半分(!)ヤスリ部分が剥がれてツルツルに...当初から予想していたけどちょっと早すぎかも。3㎜の芯を短く研いでたのが負荷掛かってたのかな。最近上手く削れなかったのでおかしいと思ってた矢先だった。まぁでも、長めに出して残ってるヤスリ部分で削ればまだ使える。
っていうかこの芯研器、純粋に消耗品です。使い方によるだろうけど、二年でこれなので長期使用はリプレイスメントパーツの入手か、新しく新調しないといけない。一般的な替え刃と違ってかなり特殊で高額な交換パーツ(二千円くらいプラス海外送料)なので国内で本体を新調したほうが良いかもしれない。2㎜のみ削る分には多分こんなに早く消耗しないような気もする(3㎜結構削るの重かったから納得)
※追記終わり



今回導入するのに参考にしたサイト様
余りにも使用レヴュー記事が無くてびっくり。


lexikaliker ちゃんと新旧モデル取り上げて削りレビューまでしてるサイト発見!!! GREAT!!!

こちらの掲示板でご年配の方が新旧取り上げてる。削り画像有り。

1940年代初頭にスイスのgeorges dessonnazという方がデザインしたらしい


eMuseum gedess lead pointer  スイスHermann Kuhn社製のブラウンボディ

instagram これもオリジナルヴィンテージなブラウン

http://www.bakelitsammlung.ch/sammlung/b%C3%BCro/ ※ベークライト製のブラウンボディ

http://kurayuki.abeshoten.jp/blog/11032http://kurayuki.abeshoten.jp/blog/11032
※国内でネット記事にしているのはこの御方のみ

 
スタンダードグラフ社のカタログ※PDF 

コヒノール・イタリアのサイトカタログ 

カナダの画材&ワークショップさん「ARTculations」さんのinstagram※使い方動画載せてる

先日記事にした、パティックフィリップのデザイナーさんも回してる※YOUTUBE

分度器さんでも売ってる



POLYMANGA スイスのポップカルチャー&ゲームフェス(漫画フェス?コミケ?)



っていうお絵描き道具ネタ&芯研器の歴史を調べてみた...



アマゾン Duxリードシャープナー 3260



いやまぶじっさいもんだい



 

20160807-staedtler-mars-lumograph-bleck-testing-0
20160807 劇画海賊ぴっこちゃん←
20160807-staedtler-mars-lumograph-bleck-testing-1
STAEDTLER Mars Lumograph black wood carbon pencil

さてさて土曜に求めた、ステッドラーのルモグラフブラック。



つまり、ルモグラフのカーボン版鉛筆らっすぃい...
20160807-staedtler-mars-lumograph-bleck-testing-2
2B、4B、6B、8Bで展開してる。全て試筆して(※某画材店では鉛筆の試筆コーナーがあるのです)、 とりあえず一番濃い8Bをピック。
この手のカーボンや木炭系鉛筆は数社使ってるけど(上手く使えないけどw)
エボニーペンシルに感じは似ているかもしれない。

SANFORD エボニーペンシル

でも、エボニーよりも若干粉が出にくい芯になってる。
定着がかなり良いけど流石に8Bはフィキサ吹かないと、気持少しだけど黒く擦れる。
もちろん消しゴムでは綺麗に消せませんよ。一本200円也。

次回はスケッチブック変えて、透明水彩乗っけてみる予定。 

 
他、普通の鉛筆(グラファイト)スケッチノート
20160807-cafe-draw-picco-moshaco-2
 20160807 劇画海賊ぴっこ&もしゃ子

最近ウチのOC、全く描いて無かった気がする...
20160807-cafe-draw-picco-moshaco-1
新たに仲間入りした二本目のフィックスペンシル3に丸善4Bでお絵描き。
やっぱ鉛筆描きは良いね!!!


画像全て茶屋にて、BLICKのスケッチブックに。




いやまぶじっさいもんだい


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ステッドラー マルス ルモグラフ ブラック 6本セット
価格:1165円(税込、送料別) (2016/8/22時点)





20160805-cafe-draw-sketch-note-1
20160805 スケッチノート①
20160806-cafe-draw-sketh-note-1
20160806 スケッチノート②
20160805-cafe-draw-sketch-note-2
 20160804-0805 スケッチノート③
20160804-cafe-draw-sketch-note-2
20160803 スケッチノート④

つかったもの
BLICKスケッチブックに、ぺんてるプリズメイト、プチ透明水彩セット、セーラーふで和み、ゼブラ筆サイン太字、ロットリングTIKU(カーボンブラック)、シグノ028、ラミーサファリ万年筆(プラチナカーボン)、丸善美術3㎜4B、ファーバーカステル3.15㎜4B

全て茶屋にて()



エヌヤマメモ(NEWSTUFF)
20160806-fixpencil-3-newstuff-1
caran dache fixpencil 3,staedtler mars lumograph black 8B

夕方頃、突然フィックスペンシルの3㎜ホルダーをもう一本揃えたくなって(※)銀座のカランダッシュブティックへ...グリップに滑り止めがあるタイプをチョイス。
20160807-fixpencil3

ついでにITO-YAにて噂のステッドラー製カーボン鉛筆、ルモグラフ・ブラックの8Bを...


※アマゾンアフィリエイト画像です

でも出かけるまでに小一時間ほど悩んでる()

フィックスペンの滑り止めグリップ、海外では継続して売ってたバージョンなんだけどなぜかブティックにはあるという。
※追記 実は昨年末、直営店に行ったときに売っていて気になっていたのです。※過去記事
でも、コレってただのサンドブラスト塗装仕上げだから多分使い込むと普通の軸になる悪寒。
20160806-fixpencil-3-newstuff-2
まぁ、画力は相変わらずだけどもな←
carandache-fixpencil-22-3-884
フィックスペンシル友の会(サイボーグ鉛筆)



っていう、久々のお絵描き道具ネタ





(※この動画見たせい)
間違いなく一生縁の無い超絶高級時計屋パティックフィリップの職人オールスターズな動画なんだけど
冒頭0:22から、同社のデザインスケッチで始まるんだけどコレがスイスだからなのかfixpencil22でさーメカスケッチ見て興奮しない男子(オッサンだけど)はいないでしょ
あーやっぱいいなーコレいいでしょーって感じでさ
こういう職人や技術系ってカッコいいなーっていう...モノづくり凄い...
しかも以前すごい欲しくてどうやって使うんだろってゆーGedessのリードポインター・DUX3260系の芯研器回してるし。
これ四ミリまで芯削れるんだよね。ホントかな?



いやまぶじっさいもんだい




 



 

↑このページのトップヘ